早い時間帯での退場をめぐる、東京と札幌の2試合

2009年04月28日 22:58

まずは東京戦から。


2009 J1リーグ戦 第7節
大分 0 - 1 F東京 (19:05/九石ド/17,246人)
得点者:89' 梶山陽平(F東京)




まあ、こんな試合もあるのね、という試合。



相変わらず高いポゼッションを図っても、フィニッシュに難がある東京と、
固い守備をベースに、前線へのロングフィード中心で組み立てる大分が
どうマッチアップするか・・・と序盤の攻防を楽しんでいたところ、
前半32分で二枚目のイエローでチームの心臓であるエジミウソンが退場。
以降東京が圧倒的に攻めるも、カボレが再三に渡り決定機を外す等
とにかくシュートが入らない。後半だけで18本のシュート(大分は1)。
こりゃ、典型的なドローゲームだな・・・と思いきや
ロスタイムのラストプレーで赤嶺がPKゲット。梶山が決めて笛。
次の瞬間西川が地面に伏し、涙。



東京の出来は悪くなかった。が、カボレは重症なのか、デフォなのか。
まあカボレだけでなく、ユースケも物足りなかったし。
ナオは前節のミドルも素晴らしかったが、この日も飛び跳ねてた。
が、後半途中の電池切れは相変わらず。まあ仕方ないか。
赤嶺はやっぱり何か持ってる。小平でよっぽどユースケの方が良いのか?
そうでないと赤嶺が先発で出れない意味が判らない。



正直エジミウソンの二枚目は「あれでイエロー?」というプレーだった。
決定機でもなく、場所も中盤だし、危険なチャージでもない。
主審は高山だったが、全般アウェイ寄りのジャッジにも疑問。
結果的に東京は勝ったものの何だかスッキリとは喜べないし、
負けた大分にとっては尚のこと。



翌日見た札幌戦も、何だか同じような展開で。
しかし、こちらは違う結末。



2009 J2リーグ戦 第10節
横浜FC 0 - 1 札幌 ニッパツ球技場/5,489人
得点 横浜FC;
    札幌;48' クライトン




こちらは前半19分に西嶋が二枚目で退場。
強風というアクシデントもオプションで加わり、お互いにゲームプランが崩れた中で
3-4-2(大伍がリベロ!!)というシステムで「守備重視だが、勝ち点3を取りに行く」
サッカーを選択した札幌が、クライトンのワンチャンスを活かしウノゼロで逃げ切った。
少々J2のサッカーに苦戦気味に見えた、我等が「スーパークライトン」が本領発揮。
FWにポジションを構え、カウンターで何度も独走ドリブルを繰りだし、
横浜も正直「手が付けられない」程の出来だったと思う。
正直、神がかっていた。




又上里の攻守に渡る奮闘も同等に評価したい。
3-4-2にした為両サイド・中央と広大なエリアのカバーに奮闘し続け、
且つカウンターの時には気力を振り絞りドリブルやスペースランニングを繰り返した。
バルサ戦を観た後だったんで、ボールキープの仕方がシャビに見えて仕方が無かったww
試合を追う毎に、上里のセンスの良さを再発見出来る嬉しさ。
又、道新の見出しが「10人の侍」と巧い表現をしていた通り、
前節同様、守備での集中力は全員凄まじかった。
正に理不尽にも黙って耐え凌ぐ侍達だった。


この試合も東京戦と同じく早々の退場者が出たのだが、これまた疑問。
一枚目も若干怪しかったが、問題は二枚目。
1人スルーパスを出した相手にぶつかられ、恐らく「進路妨害」でのカード。
ファールの判定それ自体は確かにやむを得ないんだけれど、
あれは西嶋が故意に進路を阻んだんじゃなく、相手がそのルートを
選択して勝手に接触してきたもの。
そんな微妙なファールなのに、見た目の接触の派手さに誤魔化されて
パブロフの犬的にイエローを出してしまう辺り、
「家本だから仕方ない」と、言われても仕方が無いw
それから前半、札幌のチャンスでのファールで流さなかったこと。
大挙訪れたアウェイサポに大ブーイングだったけど、こういう杓子定規な
ジャッジをしている辺り、長い謹慎後の成長は感じられないね。




数的有利を活かしたFC東京と、数的不利でも巧く戦い抜いた札幌。
ただ冒頭に書いたとおり、ハンデを負ったチームも、貰ったチームも
折角スカウティングし、綿密に用意された筈のゲームプランが崩れ、
ある意味審判にゲームを壊されてしまった。
被害者なのは札幌と大分だけではなく、横浜FCとFC東京も同様なのだ。



ただ、最大の被害者になるのは、結果的につまらない試合を見させられてしまう
ファンであるのは間違い無い(サポの場合、また別の感想をもつだろうが)。




Jリーグが掲げる、イレブンミリオンなんちゃら。
これで良いのかねえ。。。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/469-3498f9b3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事