スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ史上最高の試合

2009年05月10日 11:29

UEFA CL 準決勝 2nd Leg

チェルシー1-1バルセロナ
(Agregate1-1)





バルサ史上に残る劇的な試合。
それは普段クールなペップの、あの激しい喜び方が
この試合の内容を全て表現しているといってよい。
結果を知って観たのに、ロスタイムも3分を経過して訪れた
イニエスタのゴールには体中に鳥肌が立った。
それ程の試合だ。



誤審は確かにあった。でも、それがこの試合の価値を下げるには
値しないと思ってる(チェルシーファンはそうは思わないだろうが)。
アビダルの退場でチャラだろうし、それでまだお釣りがあったとしても、
後半の大半の時間がハンデ戦で戦っていたわけだし。



お互いの内容も素晴らしかった。
アウェイでバルサは普段通りの高いポゼッションでチェルシーに襲いかかる。
それに対しチェルシーはなんと、ノープレスという戦術を取ってきた。
バルサのパス回しに対し、丹念に対応し常にボール保持者へ2人の「監視者」
を張り付けながらも、決してボールを奪いには行かない。
ただ、パスコースは限定する。
焦れてバルサが出してきたチャレンジングなパスを網にかけ、
カウンターでシンプルに対抗する。
今年色々なバルサのポゼッション対策を観てきたが、もっとも高度な
仕掛けをヒディングは挑んできた、と思う。
この戦術はチーム全員のカバーリング能力や経験値がトップレベルであることを
必要とするからだ。



前半、圧倒的なバルサのポゼッションにも関わらず、シュートブロックのこぼれ球を
ダイレクトでエッシェンがぶち込み先制。
しかし、追いつきさえすればバルサ優位となる展開だったわけで、
バルサの選手達もかなり余裕を持って戦っていたように思えた。
が、時間を掛けても掛けても、一向にパスコースが生まれない。
そしてダニエウ・アウベスにイエロー。勝ち進んだとしても決勝には出られない。
以後アウベスのプレーにその悔しさからなのか、動揺が見られる様になる。
クロスは宇宙開発になるわ、フリーキックは枠に飛ばないわ。
バルサの攻撃が手詰まりになったのは、彼の心理状態にあったのかもしれない。



後半。アビダルの退場まで、正直バルサの攻撃は機能しなくなり始めていた。
逆にチェルシーのここぞ、という時にだけ一斉に襲い掛かるその怖さといったら。
しかし、アビダルの退場で数的不利になり、意気消沈するかと思いきや、
バルサは一層リスクを負って前がかりとなる。
チェルシーは・・・数的優位になってもなお、一貫してノープレスのカウンター戦術を
貫いた。バルサの恐ろしさを監督も選手も認識した上での戦い方。




しかし、そこからのカウンターがそれはそれは鋭い。
ドログバの負傷交代まではモウリーニョ末期に見られた「ドログバ大作戦」的な
カウンターだったが、ベレッチと交代させ守備に比重を置いてからの方が
一層人数を掛けて決定的なチャンスを作り上げた。
ピケをボランチの位置に上げ、ほぼヤヤのワンバックとなったバルサは
その鋭いカウンターをヤヤの驚異的なカバーとバルデスのビッグセーブで凌ぐ。
終了間近、ついにバルサの選手に諦めに近い悲壮感が漂う中、
ピケが前線に張り出し、尚のこと危険なカウンターを何度も食らう。
失点すれば、ゲームは終わる・・・が、奇跡的な形で何度も失点を免れる。




ロスタイムも3分が過ぎ、ただただガムシャラにボールを回すバルサ。
ここまで不甲斐ない出来だったアウベスがインサイドに入りながらアーリー気味のクロス。
これを納めたイニエスタが一閃、次の瞬間にはグアルディオラが激走していた!!




戦術的な見所と言う意味でも、死力を尽くしたという意味でも今期のベストゲームだったと
言える。両チームとも素晴らしい戦いぶりだった。



ただ、惜しむらくはチェルシーが「即席チーム」だった、ということ。
ヒディングが長期に渡り作り上げたチームだったらどうだったか。
そして、チームに「理念」があるか、ないか。
守備的なチームを非難するつもりはない(07-08の札幌だってねー)けれど、
あれだけのメンバーであるならば、そもそもこういう戦い方をするべきでは
無いと思うんだけれど。
モウリーニョの時から思ってたけれど、何の為の豪華なメンバーなのか。
結果は残してきたから、結果を求める、という理念だったのか。




まあ、真逆な嗜好の人もいることは承知している。
ただ、僕はそう考えるから、僕としてはバルサが勝ちあがってよかった。
そう思う。





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/475-d258f3d6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。