今週観たサッカー(札幌×鳥栖、リバプール×スパーズ、マンチェスターU×バーンリー、リバプール×ストーク)

2009年08月29日 00:34

仕事がムダに忙しい。
景気悪いのに忙しければ良いじゃない、とも言われそうだが、
これがまた身入りにならない仕事ばっかりで。これも自分の仕事だし。
そして家では出産1ヶ月前となり、動けないヨメさんに代わり子供の面倒やら
家事関係をこなさなければならず、正直しんどいっす。



鳥栖戦を「今期最後の参戦にしよう」と思ったのですが、ヨメからは許可がおりず
(まあやむを得ないのだが)
それだったら2日平日の水戸戦に行くまでよww




鳥栖戦、大変見所の多い試合でしたが色んなアラも見えて。
キリノの揺りかご、ハファエルの初ゴール、遂に出た元気ゴール(しかもココの人がたまたま来た試合でw)の反面、
DF陣の淡白さだったり、中盤の運動量の無さだったり、荒谷のあっけなさだったり。
しかし、マイクに何度もやられんなよ~
皆征也良かった、って結構言ってるけど、あんなもんじゃないでしょ?
結構シュートチャンスあったよ?サイドでドリブル仕掛けるのは普通の征也。



このようにどんなに忙しくたって、サッカーは観ます。
なくてはならないものですからね。



ていうことで、欧州フットボールシーンも遂に開幕。
週末のリーガが楽しみでたまらんとです。
その前にプレミア3試合見ました。



09-10プレミアリーグ 第1節
スパーズ2-1リバプール




案の定シャビアロンソの穴は大きい。ストーク戦もそうだったけど、
パスのリズムが微妙にずれてるから、チャンスが出来そうで出来ない。
観る方もやる方もイライラさせられてる感じ?
スパーズはそろそろ古豪復活を期待したい。
それにしてもモドリッチとかベナユンを見ると、日本人だってプレミアでやれる
と思うんだけどな。




09-10プレミアリ-グ 第2節
バーンリー1-0マンチェスターU




34年ぶりの1部復帰、2万2千のターフムーアはお祭りムード。
マンUの数十分の1の予算、小都市の超弱小チームの勝ち負けなんかより、
プレミアの雰囲気を楽しむべ!って感じが画面からも存分に・・・
なんて楽しんでたら・・・バーンリー先制!!wwww
ブレイクのダイレクトボレーは確かに見事だったが、そこに至る波状攻撃は
弱小チームのそれとは思えず。前半マンUにPKを与えた時には
「まあよくここまでがんばった」と思いきや、GKイェンセンがセーブ!
その後もイェンセンの獅子奮迅の活躍で逃げ切り、大金星!
ホントは去年のJ序盤でこんな試合が観たかったんだけどなwww



リバプール3×0ストーク



相変わらずグダグダなリバプールだったが、結果は完勝。
でも、この様子だと序盤勝ち星結構落とすだろうなぁ。
唯一の希望はグレンジョンソン。キレキレ~2点目のボレーシュートは
ホントにSB?って感じ。
CBからのビルドアップで、若いアジャラが不安定だったこともあったが、ボランチ2人の
関与が薄かったことでボール回しがぎこちなく、アンフィールドの住人から珍しいブーイングもあった。
それにしてもデラップのロングスローは反則。ストークはそれを生かすべく、
セットプレーでトリックプレイをやったり。
Jリーグ以上の超格差社会のプレミアで、必死に生き延びる工夫をしてます。


さて、その点札幌はどうなのよ??
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/496-c8e1528e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事