代表オランダ戦;ある意味で「日本らしい」チームになった?

2009年09月09日 22:09

国際親善試合

日本0-3オランダ



ガーナ戦の結果を知らずに書いてます。



こういう言い方をすると嫌われると思うけれど、
「予想通りの試合」でしたね。
ただ、普段からサッカーを真剣に見ている人の大半は
同じような感想だったと思う。
それだけ新鮮な発見が無くて残念だった。



細かい違いはあったとしても、基本的に06年ドイツでの戦い、
先般の最終予選アウェイオーストラリア戦と同じような内容に終わったから。
パスは回しても決めるアイデアが無く、最後はスタミナ切れ、という。



岡田監督の会見のコメントをそのまま鵜呑みにしちゃいけないんだけど、
「90分プレスを掛け続けるようにするだけ」っていうコメントが
賛否・・・というよりは否定的な意見が蔓延している。





このままだと、南アフリカでの結果はこれまた
「予想通りの試合」
に終わることになりそうです。はあ。。。




更に残念なのは、監督も選手も何か妙に前向きな発言が多いってこと。
「実力差は予想していたとおり」とか、「やり方は間違っていない」とか
まあこれも本音かどうか分かんないけど。
ベスト4を目指すって公言してのこの結果(というより内容)だから。
もっと課題を口にして欲しかったんだけどな。




正に日本らしいチームになったじゃないですか?
精神論をベースにした、玉砕前提のカミカゼサッカー(by宇都宮壱成氏)って。
終盤明らかに動けなくなった選手を観ていながら「トゥーリオ以外そんなに疲れてはいなかった」って
岡田監督は言ってたので、正に戦前の精神論だなあとww
寄せやマークに付いて行くことも出来ず、無様に2つの追加点を奪われたのを観てそう発言するとはね。
ますますがっかりさせられる。





監督なり選手から「プレスのペース配分」について
課題を上げるならば、もっと期待できるんだけど。
(玉田はそんなニュアンスで言ってたみたいだけど)
オランダはその辺当たり前のようにやってたし、
攻守の交代が激しいプレミアや欧州主要リーグもしかり。
攻められるのにいかない勇気だったり、序盤に引いて守る時間帯を作ったり
そういうチームの意思疎通ってのが、Jも含めて日本のチームは出来ないんだ、と
改めて感じるなあ。




だから、ここぞのカウンター時に複数人が猛烈ダッシュで上がっていくような姿は、
日本ではあまり見られない。
この試合でも、折角のカウンターのチャンスなのにチンタラ上がっていく光景が目に付いた。




去年のユーロ、オランダ×イタリア戦のオランダの2点目、カウンターでジオからの逆サイへのロングパス、
カイトが追いつき中央のスナイデルがニアで決めたシーンを思い出す。
スター選手達がド迫力の全力ダッシュでカウンター決めた美しい得点だった。
ああいうシーンは日本代表では見られないのだろうか?
90分プレス、90分走り続けることを目指すんなら、自陣からの猛烈ダッシュなんてできないよな。




オシムさんが言ってた「走れ」は、あくまでも「考えて走れ」なんだけどね。





それからベースのサッカーは仮にこれで良いとしても、
グループリーグの第一ポッドのチーム相手の戦い方では無かったよね?
スカウティングを活かした戦術面での+αは何か試したようには思えなかった。
折角の貴重な相手とのテストマッチの場で、無策に直球勝負をしてしまった岡田監督には、
この辺が期待出来ないことが改めてわかった。




・・・とタラタラ書いてきたけど、それでも監督や選手が頑張っているのは分かってる。
何が一番不満かって言えば、専門誌や専門家以外のメディアがこの試合の本質的なことを
取り上げることなく、選手個人のことばかり取り上げるだけで、
なんら危機感を煽るような効果が期待出来ないってこと。
俊輔の本田批判を煽ったり(正直俊輔にはがっかりした)するのもいいけどさ、
せめて会見の時くらいもっとまともな質問しろよ?



宇都宮さんのレポの、「交代のカードについて~何故か質問が出ないので・・・」の下りを読んで
かなりガクッと来たよ・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/498-70c5ad74
    この記事へのトラックバック


    最近の記事