ナビスコ再戴冠!!

2009年11月06日 00:31

2ヶ月近くのご無沙汰です。



その間に無事双子も生まれたり(それはまた別の機会で)
色々仕事的にもメンドクサイ状況に追い込まれて
更新の余裕がありませんでした。



が、火曜日のナビスコ決勝を観て、
久々にサッカーから大きなエネルギーを
貰うことが出来ました。



自分の好きな東京が勝った、っていうのも勿論ですが
前評判を覆して、出場した若い選手達が色んな物を背負って、
おのおのが責任を全うし、全力でプレーして美しい勝利を飾ったことが何よりだった。



チームを離れるサリ・フジという、長年チームの精神的支柱であり
見本であった彼らの思い。
メンバー入りできなかったサリの涙、メンバーには入ったけれど出られなかったフジ。
今期チームの快進撃の立役者ながら、大きな怪我で戦列を離れたナオの思い。
更に言えば、ある意味「チームを救う為」中東に行かなければならなかったカボレの思いまで。


表彰式の羽生がカボレのユニを着て、フジがその後ろでキャプテンマークを付けて
二人が満面の笑みでカップを掲げて、ピッチではサリが号泣。
城福さんはこれ以上ない笑顔。なんていう幸せな光景だったか。
ほんと、TVで観ていて自然と涙が止まらなかった。



個人的にはMVPの権田・椋原は20歳。ニューヒーロー賞&決勝弾&MVPの米本に至っては18歳。
長友だって梶山だって平山だって北京世代だし、徳永、今野、鈴達、赤嶺はアテネ世代。羽生だってまだ20台だ。唯一ブルーノが30台。その次には大竹だって草民だっている。
正直カボレが抜けた時はどうなることやら、と思ったけどね。


そして前回のナビスコ優勝の時と違うこと。
優勝報告会でも出ていたように、選手の意識が違うこと。
しっかりと、「次」を見据えていること。
リーグ戦は勿論、天皇杯まで。
ナオも元旦には戻ってくるみたいだしww



とにかく良かった!優勝おめでとう!!






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/499-5ce705e7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事