ザ・ラストファンタジー

2009年11月30日 23:02

昨日のホーム最終戦も、土曜だったら少し可能性があったのですが、
結局参戦できませんでした。





今年最後に参戦したのは9月の平日水戸戦。
以降ヨメの臨月、出産もあり全く参戦出来ていません。
双子の面倒がこれほど大変だとは、思ってもいませんでした。
正直、平日の妻の負担を考えると休日は出かけることは勿論、
ましてやサッカー観戦など、出来るはずがない。。。




毎日ダブルの夜鳴きで寝不足です。
今の一番欲しいものは「ぐっすり眠ること」ですww




それにしても、自分がこんな生活を送ることになるとは
数年前には夢にも思っていなかった。
独身生活を謳歌し、結婚してからもウマーくやりつつ
アウェイ遠征を繰り返していた頃がとても懐かしく。



そして、僕が本格的に札幌(とサッカー)を追っかけ始めた03年。
ソダンはDFに転向し、その後彼はほぼレギュラーで出続けた。
その当時を思い出してみても。
ソダンがこんな引退セレモニーを出来る選手になるとは、
こんなに僕らを泣かせる選手になるとは、
そして、こんなに早く引退するとは想像も出来なかった。





正直、07年シーズンの無敵ぶりを思い出すと
あそこで彼は全てを出し切ってしまったように思える。
そのシーズン9月の湘南戦。
チームが完全に失速し、負のスパイラルに迷い込んでの惨敗。
試合後、完全に打ちひしがれていた僕らに向かって胸を叩いて「大丈夫、信じろ」
とパフォーマンスした彼の姿に泣いてしまった。
昨日のセレモニーでの彼の言葉の中で「責任」っていう言葉があったと思うけれど
札幌への強い思いがあった彼だからこそ、物凄い責任感の中で
1年間プレーをし続けていたんだな、と改めて思う。
燃え尽きてしまったのか、08年念願のJ1の舞台であの活躍が観れなかったのは
僕らに取っても本当に残念だった。




僕はあの年の彼のプレーなら代表だっていけるはず、とまで思ってたんだけれど。
でも彼にとってはサッカーをやる原動力は、代表とかそういうものではなくて、
自分の人生とか、応援してくれる人達を幸せにすることとかそういうものだった、
と彼の言葉から受け取った時、
ことさらにいろんな感情がこみ上げてきて。



「何も恐れず胸を張り戦え、おぉ札幌おぉ札幌
このサポーターの声この歌がとても弱くてとても下手だった僕に
どれほど勇気を与えてくれたかわかりません」

こんな言葉でサポーターと自分の関係を表現できるサッカー選手って
多分Jにはいないだろうし、稀有な存在。
それ以上に、その言葉の意味がただただ嬉しかった。




正にミスターサッポロ。




彼のような選手が出てきたことは、札幌がチームとして歴史を重ねてきた証明。
但し「チームにこういう送り出し方をしてもらえる選手になろうと思ってくれれば」
と言っていたけれども、その若い選手達が強く意識してくれなければ、
札幌に新しい歴史は生まれない。
次節の最終戦、そして来シーズンには目の色が変わっている選手が
少しでも増えていれば良いな。






ソダン、最後までファンタジーを僕らにプレゼントしてくれたけど、
(しかも一発で決めなかったしw)
一番のプレゼントは 「僕のサポーター」っていう言葉だったんじゃないかな。
これまたソダンらしい言葉だけど、
多くの ネ申 信奉者を意識したかのようなww





本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/501-239ace63
    この記事へのトラックバック


    最近の記事