札幌サポは温かい。

2010年01月21日 23:22

いまさらですが。。.



キックオフイベントは結局行けませんでした。
が、今は便利な世の中。
ネット動画でイベントが観れるんですもんね。



ゴン・ノノ・グッチーのコーナーは
ノノ喋んなさすぎwと思う位、完全にゴンに飲まれてたな~
ゴン、ほんと凄いわ。
ただ「ウルトラソウル」のせいでキャンプ別メニュースタートはどうかとwww
明らかに右足グネってたよね~



一番楽しみにしていた新加入4選手のコーナー。



フジは素敵だった。ほんと好青年(But36歳)だよな。
こういうハキハキと好印象コメントが吐ける九州男児なら
娘をやってもいいww
それに引き換えユースケはどうなのよ・・・しかも、顔パンパンだし。。。
ウッチャンwは自分の世界がある感じだね。
ハンジェは最初の挨拶から、ちょっと気合入りすぎって感じで
健作ほどぢゃないけどw空回ってたな。でもそれが逆に好印象。
思った通り、熱いヤツだな。




去年のファン感もそうだったけど、こういうイベントだと
北海道人が持っている「温かさ」が良い意味で活きるなあと。
彼らはグッチーにそう言わされてたけど、多分実際そういう印象を持ってくれたと思う。




そう、札幌のサポは「温かい」んだよね。




話はガラリ変わって、今節のリーガ、ビルバオ×レアル。
ビルバオのホーム、サン・マメスはレアルへの殺気ではなく、
ホームチームを絶対的に後押しする、もの凄い雰囲気。
「怖さ」では無く、「温かさ」を感じるのだ。



選手達もそれに応え情熱的に走り回り、キックオフからレアルにボールを触らせない。
高い位置で早いプレスを掛けて、イケイケで押しまくってなんとビルバオが4分で先制!
スタンドは更にヒートアップ!
以降レアルがボールを支配するも、選手、スタジアムが一体となってピンチを凌ぎ、
古豪であるとはいえ、バスク人のみで構成された弱小ビルバオが、
今期336億もの補強をしたレアルに勝ってしまったのだ。




ビルバオのサポーターは本当に素晴らしい。
「暖かく」、それ以上に「熱く」そして「真っ直ぐ」だ。



去年のメスタージャでのコパ決勝を観て、つくづくそう思った。
バルサ相手に、中立地のスタジアムを完全に「白と赤」で埋めたのだ。
その試合中、敗戦濃厚の中でビルバオサポーターの愚かな一人がアウベスへ投石した直後。
自分達の仲間に対し「こんな素晴らしい舞台でなんてことするんだ!」
とばかりにその人間に対しスタジアム一体となって「この場を去れ!」という物凄い圧のコールをしたのだ。
投石自体は残念な行為だったが、感動的な光景だった。
文字通り、彼らは「グッドルーザー」だった。



選手達もそんなサポに相応しい。
熱きバスクの血が流れるビルバオの選手達は、常に闘志あふれるプレーを見せる。
特にホームでは。
そんなホームの雰囲気の中、熱いプレーを見せられたら・・・
誰でも一気に引きつけられてしまうだろうね。





また話戻って札幌。



去年はへこみながらも何かを掴んだ一年だった。
今年はそこに足りなかった熱い血の流れる選手達、そしてその熱さで人を引き付ける選手も加入した。
グアム、熊本を通して少しでもチーム全体にそういう雰囲気が乗り移り、
ホーム開幕で今節のビルバオのような試合をしてくれたら、
次の試合からは、もっとスタジアムに人が駆け付けるだろう。



今年は勝負の年。選手だけでなく、僕らにとっても。
僕らは「温かさ」だけでなく、ビルバオのサポーターのような
「熱さ」や「真っ直ぐさ」も持ち合わせてホームの雰囲気を作らなければ、と思う。
それが「ゴンちゃん効果」を最大限に活かし、
活気あるスタジアムの雰囲気作りの為に僕らがすべきこと
・・・なんじゃないかと思う。




それは選手の為でもあるし、僕ら自身の明るい未来の為でもある。




楽しみなシーズンが始まった。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/506-712adc66
    この記事へのトラックバック


    最近の記事