幸せって何だっけ

2010年06月07日 22:15

久々の更新であります。
中々ブログに何か文章を書こう、という気持ちになるのが難しく。



しかしワールドカップイヤーなのに。
何でこんなにサッカーについて書きたくないんだろう。。。



代表についてはまあ見ての通り。
イングランド戦、ちょっと上向いたかと思ったらこれだからw
しかもドログバ&今ちゃん負傷って、得るものどころか失うものの方が。



札幌については、今期選手・監督・チーム・会社、全ての面で前年を上回る筈、
・・・と期待感が強かった分。。。
富山戦が少し良かったのに、こちらも帳消しどころか更に下ぶれしちゃって。
FC東京についても一緒。ナビはいいけど、リーグ戦が。



こんなことを言えば「期待をするから失望する」ってオシムに言われちゃいそうだけど。



ただ最近、サッカーから「幸せ」が貰えないのよねぇ。
こないだのベルディ戦のエントリで書いたとおり、スタジアムに行く行為にワクワクしなかった。
行ったらそりゃ楽しいんだけど、これ、やばいなぁ、と思ってた。


それが最近更に増してる。
何だか、TVで観ることすらテンションが上がらない。待ち遠しさが無い。
代表の体たらくから始まって、悉く自分が肩入れするチームが尽く不甲斐ないと
こういう気持ちになるんだなぁ。
そのせいで、バルサがCL準決勝で負けたことが更に追い討ちをかけて、リーガは見事取ったのに
「CLが取れなかった」ショックの方が大きくなっちゃった。
多分ほぼ末期症状なんだと思う。



所謂(自分も論じるのが好きな)サポーター論の範疇で言うと、
「幸せは自分で掴め」「むしろお前ががんばれ」的な話にもなって来るわけなんですがw
今の状況はそうじゃないだろ?っていう。
やっぱりサッカーもスポーツだから、プレーをする者が主役。
その主役達があんなにぎこちなく、焦って、つまらなそうにプレーしているんだから、
我々応援する身分の者がどうこうできることなのかな、と思う。
その原因が選手自身の問題なのか?それとも監督なのか?
関係者なのか?会社なのか?協会なのか?マスコミなのか?分からんけど。



別に勝てないからそう思うんじゃない。
だってほとんど勝てないチームをサポートし続けてもう8年目なんだからw
こんだけサッカー観てれば、勝つか負けるかが全てじゃないってのは良く分かってるし。



こんだけボロクソ言っておりますが、それでも代表だって札幌だって
全試合観てるし、どんな状況でも応援する気ではいます。



特に代表は「岡田ヤメロ」を連発してましたが、メンバー発表後の韓国戦以降、
もう手放しで応援してますし。
まあ、やっぱサッカーバカにつける薬は無い、って良く言いますが、
こういうことなんですな。



ただ、先週大きな幸せを貰えた試合があったな。
取り貯めてて見てなかったリーガ最終節、アルメリア×セビージャの1戦。



セビージャはCL出場権の4位を掛かっており、緊張感からミスが目立ち序盤アルメリアに制されるが
何とかワンチャンスで先制・・・も追いつかれ、一旦は突き放すがファンマオルティスのゴラッソで2-2。
別会場ライバルのマジョルカは2-0でリード、このままではCLはマジョルカの手に。
先にマジョルカは試合終了。そしてロスタイム93分、セットプレーからロドリが劇的な逆転ゴール。
しかも今シーズンリーガNo1ゴールとも言える超ゴラッソ。
ビジョンで観ていたマジョルカイレブンが崩れ落ちる。。。



ようは、こういうのが観たいんですよ。
サッカーに期待して、見続けているのはこういう光景なんですよね。
負けたアルメリアの選手も素晴らしかった。
調子の面では最悪だったセビージャの選手も素晴らしかった。
別会場で悲劇的な結末を迎えたマジョルカの選手も。
サッカーに全てを賭ける、選手やチームの「熱」を感じたいんですよね。



ワールドカップで、2010J2リーグ戦で。
日本代表が、札幌が少しでもこんな試合を見せてくれることを期待して
今年も、これからもずっとサッカーを見続けて行きます。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/519-12796f8e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事