スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末のガンダムと、駒沢苫小牧を思う

2005年08月25日 00:31

色々問題発生、今日まで日記が書けなくて。


少々前のこと。巷では、金曜日から土曜朝にかけてガンダムフィーバーでした。(BS-2にて初代ガンダム映画3部作一挙放送)
私もしっかりDVDに録画。ビデオテープはもはや画像が乱れてきていたところだったので、まさに天からの恵み者。久しぶりにNHKを誉めてあげたい!!



個人的に好きなのはジャブロー。
ああいう秘密基地的なものには子供の頃からの憧れなのでしょうか。
そして戦士達に与えられた一筋の静寂の時間にほっとする。
そこから一気に加速して、7年戦争が終焉に向かっていく戦いの激しさとのコントラストも又劇的。


他にも、部分的に好きなシーンとして。
自分の定まらない気分故、また見合わない処遇への不満から部屋に篭るアムロに対し、ブライト・ノアが2発平手打ちをかます。
「2度もブったな・・・親にだってぶたれたこと無いのに!!」
「殴られもせずに大人になったヤツがどこにいるものか!!(中略)お前ほどの才能のあるヤツなら、シャアさえも超えられると思っていたんだがな!!」
このブライトの「シャア」という一言でハッと気づいて、自分のモヤモヤしていた気持ちにケリをつけ忘れていた悔しさを思い出して、「僕は男なんだな」って気づくシーン。
若くして自分の本意でなく艦長となったブライト。感情的に取った行為かもしれないけれども、ホワイトベースに乗る全員を守る為の大胆な且つ計算ある行動、彼のマネージャーとしての成長も伺わせるシーンだったと思います。


駒沢苫小牧の2年連続夏の甲子園制覇については、イロイロ書きたかったんですが。


今回はほとんどTV観戦もできず、優勝の瞬間は車の中でエンジンを切ってヨメと正座しながらラジオで聞いていました。
白河の関を優勝旗が越えることのなかった昨年夏まで、北国の野球部員にとって甲子園での優勝など現実的な夢では無かったのかもしれない。それが彼らの偉業で現実的なものとなり、且つこの連覇によって、皆が持っていたかもしれない精神的な壁すら取り去ることができたのではないか、と思っていた矢先。



学校側と部員の親の見解が異なっているようですし、正確な情報が無い中、断定的なコメントすることは決して出来ません。
現実的なポイントの一つとしては、明徳義塾の例があったにもかかわらず、高野連への報告が事前に無かったことだとは思います。
しかし、問題となっている「暴力」とされていることの事実関係については、正直本当のところを明らかにすることは、当事者同士の感じ方の問題なので不可能だと思います。




私自身としては、小学校から高校まで、リトル・野球部と続けている中、又学校教育の現場で指導者から体罰を受けることは幾度となくありましたし、されるということは「自分が悪いことをして言い訳が出来ない」状況だったり、「チームに迷惑をかけた」という気持ちから甘んじて受け入れることしか出来なかったし、それを親に言ったとしても「そりゃアンタが悪いからだろ」と一蹴されると思っていたんで、親に言うこともありませんでした。
確かに理不尽だと思うことも時にはありましたが・・・
だからって悔しさが無いわけではなくて、「あいつをいつか見返してやる」「絶対に同じミスはしない」とか怒りを転化させていたと思います。
正直、このニュースを聞いて最初にヨメと語った話しは「先生にぶたれたくらいで何?」って話していた。
(正直、甲子園滞在中も「スリッパでぶたれた」っていうのはなあ・・・)



27歳の若い野球部長が何を持って、何を感じて、その一生徒が「暴力」と表現してしまうものを与えてしまったのか、私達の知るところに明らかになることは無いと思いますが、私は決して動機が「暴力」だったのではなく、「指導」であったのだと、信じたい気分。
もしかしたら、指導者の彼にはブライトがアムロに対して投げかけた、「シャア」というようなキーワードが足りなかったが為に生徒の中で「暴力」として留まってしまったのかもしれない・・・



そして、それは受ける人間が受ければ、先日ジャンクスポーツでバレーボール全日本のセッター竹下が、「体育館の端から端まで殴られましたねー」ってネタにすらなる「厳しさを耐え抜いて今がある自分にとっての、ひとつのエピソード」が、それを聞いている視聴者も「ひどいねー」といいながら誰も問題視しないような出来事が、努力に努力を積み重ねて気づき上げた偉業に、自ら泣きながら泥の壁を築いてフタをするようなことになってしまう今の世代がひたすら悲しい。




決してなんでもかんでも手を上げて指導することはいいことだとは思わない。人間なんだし、言葉で言えばいい。
ただ、若い年代ゆえ、時には効果がある方法として認められないものだろうか?
確かに「指導者」と言われる学校の先生を含めた大人の世代にも、世間の信頼を得られないような様々な事件を起す個人がいたりしていることも、こういった問題を強く問題視せざるを得ない事情もあるだろう。
しかし、仮に「指導」だと思ってやった行為を、すべからく皆から「暴力」という無残な表現をされてマスコミに取上げられてしまう世の中になってしまったら、日本という国は一体どこに向かっていってしまうのだろう、という不安もこみ上げてくるのでした。
スポンサーサイト


コメント

  1. chie | URL | -

    こんばんは。
    初めてコメントさせていただきまーす。
    甲子園のこと。私も旦那様と同じような話をしました。時代が変わったのかな?なんて思いつつ、お互いを想いあう気持ちが通じないのはとても悲しいことだな・・・と思ったりもしました。お互いにいろんな気持ちがあったのでしょうね。。。努力だけでは勝ち取れない優勝旗。みんなの素敵な思い出にだけなるはずだったのに・・・、いろんな思いがつまったものになってしまったのは残念ですね。 さみしい気持ちになるようなニュースが減るといいな・・と思う今日この頃です。
    高崎は暑いですかぁ~?今日は、東京は涼しかったです。奥様によろしく~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/53-d738b611
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。