ザックは先生ではなく、上司かな

2010年10月14日 23:10

国際親善試合 ソウルワールドカップスタジアム
韓国0-0日本
得点 韓国;
    日本;




まあ勝てなくて残念だったけれども、今の日本の実力だとこんなものかな?
内容的には日本を評価すべき試合。どアウェイだったことも加点して、だけど。
松井のクロスに対する韓国のハンドは親善試合だもの、まず取らないよな。


改めて長々とレビューを書くのもシンドイので、気がついたポイントを箇条書きで。


・韓国が序盤にゲームの主導権を握る為に良くやる鬼プレス。日本は寝起きが悪いので過去
これで飲まれてしまうことが多かったけれど、この日は落ち着いて「まあこんなもんだろう」
てな感じで、相手がペースを落としてくるのを見計らってた。
これも南アでの経験値ゆえのものだろう。


・アルゼンチン戦のエントリで
「3日程度のトレーニングで監督が与えられるものは無いに等しく、勝利の功績はほぼ選手のもの」
というニュアンスのことを書いたけれど、その後見たレビューで誰かが書いていた
「ピッチの中央にブロックを作り、奪う際はサイドで」というザッケローニの決めごとについて、
意識して見ると非常に徹底されていることが良く分かった。
クロスを上げられるラインに相手に侵入されるまで、SBは比較的中に絞っていて、
守備に戻るウイングと共に警戒はしつつ、比較的相手にサイドライン付近は自由に使わせていた。
なんでプレスに行かないの?と思いきや、相手がブロックの固い中へ当てることが出来ず、作り直そうと
するタイミングで囲いに行き、ボールを奪うシーンが幾つか見られた。
とにかく中のブロックがしっかりしており、これはザッケローニの短期間実現した功績であろう。
以前は守備ブロックが横に間伸びし、中にもスペースを見つけられては中央突破を許したが、
相手をサイドへサイドへ追いやる守備は中々面白かった。



・守備面では今野の読みが冴えまくってた。今のところCB争いでは一歩リードだと思う。
アジアカップではトゥーリオとの「集まれー」コンビを是非期待したいww



・この日は前田のワントップ。久々に機能する「ワントップ」を見た。
まあ客観的に見れば4-2-3-1なり4-3-3のシステムでやろうとするなら、まず前田を代表に選出するよなあ。
その点で岡田監督の選手選考面での失策は今振り返っても大きい。2年遅かったよ。。。


・香川はマークされてたのと、少々雰囲気に飲まれてたかな?
さすがにそこまでの期待をかけては可哀相かと思うけどね。使われるプレーは相変わらずだったけど、
自分が持っている時にアルゼンチン戦のような思い切りの良いプレー選択は少なかった。


・遠藤は良い。ほんとに良い。もう代表には欠かせない。
自分が若い頃、彼のプレーの遅さにイラッとすることもあったけど、この年になるとあの円熟味、
おじさん好みのプレー選択がほんと、溜まらない。。。100キャップおめでとう。


・本田の存在感が今の代表において大きすぎることを改めて感じる。
この試合のようなお互いのプレッシャーがきつい試合において、攻撃がうまくいくかどうかは
本田がクサビのボールをキープできるかにかかっている。南アでもそうだったように。
せめてもう一人そのような基点になれる選手がいないと(香川は使われる方だし)。
その意味でやっぱり前田は貴重だなあ。


・この日の韓国は日本がしっかりブロックをつくっていたこともあり、全く怖くなかったなぁ。
サイドを強引にくるか、ロングボールばっかりで試合前に「日本のサッカーは時代遅れ」的なことを
言ってたヤツがいたみたいだけど「どっちがよ?」w
パクチソンがいれば・・・的な話もあったけど、日本における本田程彼に依存してないから
そう大きく試合展開が変わったとは思わないけどね。
ただ彼らとのフィジカルの差はたかだか10年単位では、大して埋まることは無いんだなぁ。。。と実感。
日本もフィジカルは多少強くなったんだけどね。


試合前・試合後のザックコメントを見るにつけ、選手をリスペクトし、出来るであろう仕事を
選手に任せ、その責任を取るある意味「会社での上司」のような役割であろうとしていることを感じる。
そういう意味では、日本人監督でありがちな「先生と生徒」の関係やトルシエの「軍隊式上下関係」でも無く、
オシムの「教授とゼミ生」の関係でも無いw
日本代表監督としては、全く新しいタイプの指導スタイルのように思える。
まあ、まだ就任後日が浅いので様子見しているのかもしれないが、
もし彼がそのタイプだとしたら、その意味でも日本代表も新しいステージへ上がることになる。
南アで一つの成功を収め、選手が自信を持った後というタイミングも含めて、非常に面白い監督選考だった、


・・・ともし後世語られることになったら面白いんだけど。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/541-2551c34b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事