スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンの皆さん、彼はまだアマチュアです。

2010年12月10日 23:35

一昨日は北海道は斉藤君フィーバーだったようです。
ドームに8000人。とある地元局は5時間?生中継とか(実際どうだったのかしらん)。



さて。
プロでまだ全く結果を残していないアマチュアの選手を
ここまでスター扱いすることに僕はいつも違和感を感じます。



ちょっと前に草津の戸田がこんなエントリを出してて。
自身の主張に否定的なコメントに対し、イチイチ全てに大人気なくコメント返しする、
というところが一番の見どころではあるのですがwww、
エントリの主旨には「プロ」としての気概やプライドを感じました。



日本のマスコミは、どんなスポーツでも若ければ若い程持ち上げて、
実績のある中堅、ベテランよりも輝かしい実績を挙げたかのように事実を捻じ曲げて
強引に新鮮な話題を提供しようとしている。
でもそれに対し誰も声を大にして異論を挟むこともなく、
僕の様な意見は、折角の盛り上がりに水を差す、偏屈者の戯言に違いない!



日本の野球界は特に高校野球も大学野球も、元々プロよりも人気があった訳で、
その双方のスター選手であった彼がかような扱いを受けるのはある意味当たり前なのかも。




ただ、ファンの方にはよーく考えて欲しい。
スターシステムに乗せて、結果的に必要以上のプレッシャーに苦しむのは選手自身なんです。



そしてスターシステムにおいては、マスコミもファンも
「そのプレッシャーに打ち勝てるスターを我々は求めているのだから、潰れたらそれまで。
 残念だったとしかいいようがない」
という非情なスタンスで報道、応援している訳で。それでいいのかと。



プロ入り時点からスター選手で、超一流の成績を残した選手って意外に少ない。
それこそ、王、長島位では無いでしょうか?
今の大スター、イチローは2年ウエスタンリーグで結果を残し実力をつけ、
3年目にシーズン200本安打という偉業を達成することで、自らの力で注目を集めました。
そんなもんです。



斉藤君は人間的にもかなりしっかりしている印象で、あんなイベントの一つや二つ、
問題なくこなせるのは間違いありません。チヤホヤされたって決して勘違いもしないでしょう。



でも、好きな選手を本気でサポートしたい、と考えるのであれば
もっと違うサポートの形があるはず、と。



がんばれよ、斉藤君!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/555-bb177a39
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。