スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2011年3月」という月

2011年04月01日 23:21

3月が終わって




2011年3月という月は、一生忘れないくらいのインパクトのある月でした。


TVから流れてくる震災映像の恐ろしさと、その様々な影響は日常に深い爪あとを残し、
リラックス出来る状況にあっても何か喉につっかえる様な、不思議な気分でした。


北海道にいるお陰で311前とほぼ何も変わることなく、日々通常業務でしたが、
自分のふがいなさから周囲を混乱させ、呑気なサラリーマン生活を過ごしていた自分の甘さに気づかされ、
数字のプレッシャーにほぼ押しつぶされ、会社での居心地も悪く朝が来ないことを願う日々でした。
恐らく社会人になってから一番辛い1ヶ月と感じました。



その一方休日は各ハウスメーカーとの打ち合わせに全てが費やされてしまい、
リフレッシュすることもできず、また仕事面がこのままの状況だとしたら、ローンなんか組んでいる場合
なのだろうか・・・という葛藤にまで悩まされる始末。


そんな時にヨメさんから言われた一言。
「大丈夫、別に死にやしないんだから」



震災で不幸にも多くの人が無念な形で亡くなってしまった今、
こういうことで悩んでいるだけでも幸せなのだ。
しかも味方になってくれるヨメさんと、可愛いわが子3人に囲まれている。



このニュースには身を引き裂かれる思いがした。
こんなむご過ぎる親子の別れがあるだろうか。
自分のことに置き換えて考えることが辛過ぎて、出来なかった。



そんな3月も終わり、今日から4月。
苦しい状況は変わらないけれど。
生きさせてもらっている者として、全てにおいて前向きにやっていこう、
と考え、切り替えることにしました。



まず仕事をしっかり確実にこなし、子育てに力を注ぎ、
年内のマイホーム完成に向けて時間を掛けて
サッカーも観に行く。


精一杯生きて、精一杯楽しむ。



頑張ります!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/572-bf780f7d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。