草津戦

2011年05月06日 22:59

2011 J2リーグ戦 第10節
札幌 1 - 0 草津 札幌ドーム/12,386人
得点 札幌;90'宮澤
   草津




TV観戦。
今シーズンは若干例年に比べて冷めた感じで見ていたんですが、
この試合流石に勝たないとまずいとは思っていたし、チアゴ幻のゴールからの
ロスタイム決勝点の流れには、例年通り思わずTVの前で大興奮の巻、となりました。



色々ここまで今期の札幌について厳し目に言ってきましたが
この試合に関しては取り合えず「勝って良かったね」で良いかと思います。
湘南戦、東京戦もそうでしたが、ブロックの作り方やプレスの連動も含め
DF組織に穴はあるものの、去年に比べると「守りに対する意識」が変わったかな、
とは思ってました。まずゴール前で体が張れるようになったこと。
そして試合中のコミニケーションが河合を中心に取れているかな、ということ。
逆に言えば、この基本ともいうべきことが去年は出来てなかったんですが。




攻撃に関して言えば、草津ともども相変わらず繋ぎのミスが多く、
正直スナ投入、チアゴ大作戦までは得点の匂いがしませんでした。



三上は頑張っているけど、レギュラーでワントップを常時任されるにはまだちょっと荷が重いか。
ユースケは良かったですね。ウィングってのはああでなきゃ。しかしパワー系の
ウィングって日本にもあまりいない気がします。
芳賀、宮澤のところでもう少し判断を早くして欲しい。
前のスペースがあってもドリブルで運ばずに
その場でパスコースを探しちゃったり、かなり勿体無い。
気になるのは古田。マークが厳しくドリブルのスペースが無いにしても、
安易に横パスに逃げる機会が多いなぁ。
まあ勝って行く事でチームの調子に個々の選手も乗ってく、
というのもアリだから、まあ取り合えず良し、と。



チアゴ大作戦については大分形になってきた気が。
何故そこそこハマるのかと言えば、やはり彼に足技があるからでしょうね。
今期チーム初ゴールかと思われたスナクロスからのヘッダーは残念でしたが、
今後も期待が持てますね。
但し、本人は不本意でしょうから早くCBとして試合に出て欲しいものです。
そして大作戦なんぞ出さずとも得点の匂いのするゲームが出来るよう・・・



んで、最後の宮澤のゴール。
前回のエントリーで「石崎監督はセットプレーの練習をしないから」なんて
書いた次の試合で、セットプレーからの決勝点とは。
スミマセンでした!
山下のヘッダーが見事でした。それでも決まらず、タイプアップ・・・
ってのがこれまでのパターンだったのを、なんと宮澤が泥臭く押し込むとは。
これまたスミマセンでした、ってまあこんなもんで満足されても困るので。



そしてMVPの副賞石屋のお菓子1年分。
HFCの中の人、オフまで渡さないように。。。



とりあえずお互いに良い雰囲気で次の試合に臨めるし、
厳しくなってきたJPの右SBには日高が戻れる目処も着いて来た。
そうするとJPのトップ下も見られるだろうし、そろそろブルーノのボランチも見たいし。
あとウッチー辺りが帰ってくれば、随分と様変わりする気もする。



・・・と、一個勝つだけで随分と楽観的じゃ?と言われそうだけれど
普通こうやって勝つと良い流れってのは必ず来るからね。
この試合については楽観的で良いと思います。



但し。
次の熊本戦に勝たなければ全ては台無し。
苦手のアウェイ熊本だけれど、勝利に拘って!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/580-f35f17b5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事