OUTRAGE / SHINE ON ~トラベローグ オブ アウトレイジ~

2011年05月09日 22:46

シャインオン




発売日に買いました。
もう、5回は見てます。


私は「Final Day」からのファンなので、比較的ミーハーな部類に入りますが
それでももはや20年近くのファン歴になります。
正直彼らが映画化される時が来るなんて、考えてもいませんでした。



それだけに本作は感慨深いものがあるし、メンバー以外のインタビューも
全てとても貴重なものだし(特に橋本の奥さんや丹下のお母さん)、
橋本直樹脱退、3ピース時代、リユニオンに至る葛藤、プライベート、レコーディング、
そしてアルバムツアーへの流れはファンとってたまらないものでした。
(ただ、ファン以外がこの映画を見て共感を得る部分はなかなか少ないかとは思いますが)




直樹の脱退の経緯について当時はよく知りませんでした。
ライブ中にマイクを放り投げてしまったということでしたが、
直樹自身は映画内のインタビューでも多くを語っていませんでした。
阿部からは「アウトレイジという乗り物」「色々窮屈になって」
という発言があり、当時の雰囲気は何となく計り知れるものの、
脱退したとしても彼の実力であれば、別の形で音楽を続けていく
という選択肢もあったはず。


それでも直樹は歌うことをきっぱり辞め、家族の為に普通の仕事を探す
という本人も認めるどうして良いか分からない、困難な道を選択したのは
何故なんだろう、と色々と考えさせられてしまった。



それを読み取る意味でもこの映画の語りべの中で一番言葉に重みがある、
と言えるのが直樹の奥さんでした。



直樹の奥さんはアウトレイジを脱退したことを「一番大事なものを失った」
と表現していましたが、直樹にとって音楽=アウトレイジだったんだろう、と。
だから、アウトレイジを辞めてなお音楽に拘る事は出来なかったのかな。
それであれば、同じく大事な家族の為に安定した仕事に就くということは
必然的だった、と思うのだ。



そして同じくアウトレイジを大事に思い、バンドに残った3人についても
ボーカルを探しても「多分気に入る人はいないだろうな」と阿部が言っていた通り、
直樹に取って代わるような形で新しいメンバーを入れるのはムリだったんだろう。



そして3ピース時代。
安井本人も「(ボーカルを)やめときゃ良かった」と告白していた通り、
丹下のお母さんの非常に適切な表現曰く「3人の時は何だか音がグダグダして」いた。
私も1度見に行ったが・・・正直しんどかった。
結果盛り上がるのは直樹在籍時の曲だったし、ファンも少なく
よくあの状況を10年近く続けて来れたものだ、と改めて当時を思い返す。




そんな中で迎えた20周年、20周年ライブのDVDにその経緯の詳細はあったし
詳しくは触れないが、その中で丹下の
「直樹にとってはクラブチッタみたいな大きなステージでやって、
その後すぐ現実の世界に戻ることになる訳で、自分に置き換えたら・・・」
という言葉が物凄く重いし、本当に直樹の身になって考えている丹下の凄さを
感じました。




そしてその過程で安井がバンドを辞める決意をしていたことも新たな衝撃でした。
それでも、直樹がフルタイムメンバーに戻ることでバンドの新たなチャレンジに希望を見出して
翻意したのは、バンドにとっても彼にとってもタイミングが良かったと言える。



その後のレコーディング&ツアーショットの数々はファンにとっては
ただただ漫然と見ているだけでも楽しいもの。
そして映画の締めくくり、直樹が歌う「Shine On」は素晴らしかった。
改めて気づいたが、「Rise」も「Shine On」も直樹復帰に纏わる歌詞であり、
この映画のエンディングにぴったり嵌るし、「ようやく家に帰れるんだ」っていう歌詞には
思わずホロっと来て、そして、最後の最後に直樹の奥さんによる
「丹ちゃんが暗闇の中から僕を救ってくれた」というコメントで何だかもう・・・・
ダメだ、涙腺がもろい。。。



とは言え、エンディングロールと共に最後は丹下のお笑い映像で幕をしめる辺りが
アウトレイジらしい。



まあその他にも阿部一家(と奥さん)とか、丹下の自宅とか、安井の友達とか、
細かい見所も沢山。そんで2枚目のツアー映像も充実。
ファン必見のDVDだと思います。
あーーー、ツアー行きたかった!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/581-97bea2ae
    この記事へのトラックバック


    最近の記事