HTパーティと連休で1UPキノコゲット?

2011年09月26日 23:19

2011 J2リーグ戦 第29節
札幌 0 - 0 徳島 13:03/札幌厚別/10,215人
得点 札幌;
   徳島;



3連休は元会社の同僚3家族計11名を新居に招待したり、

嫁が仕事だったり、義父母を招いての双子の誕生日をやったり

色々忙しく、未だ録画も見ておりません。

アフゲーのダイジェストは観ましたが、上位対決らしい固い試合だったとか。



岩沼・ミヤザーを欠いた一方ジオゴが復帰、好調の岡本、SBで上原が先発で

スナ・ウッチーがベンチスタート。

一方の徳島もエリゼウ・三木のCBコンビが不在と、お互い苦しい台所事情のメンバー。

そういう意味ではお互い勝ち点1はまずまずの結果だった、と言えるでしょう。





但し、石崎監督は「勝つべき試合だった」と言ってました。

内容的にはイーブンの試合だった様ですので、ここ数試合の

「押されながらもうっちゃって勝つ」展開で勝ち進んできたチームにとっては

もったいない、という感想もアリでしょう。

ただ、そんな試合でユースの前君を途中出場させたとか。

選手の休ませ方しかり、大胆な選手起用をしています。



さて、昨日は所謂「ファン感」が相当盛り上がったようですね。

ダンスの出し物とか、事前準備もそれなりに選手にとっては負担になっただろうし、

「この時期にやるのはどうか?」という意見もありましたし、

自分も少しそのように思ってました。



でも結果的には「最高のタイミング」で行われたんじゃないか、と思います。



徳島戦、連勝は止まりました。同時に暫定首位から陥落。

勝ち方からしても、ドーム千葉戦以降勢いでここまで来たという見方もあり。

私はそうは思わないのですが、でもやはり流れは切れない方が良いし、

直接対決で勝っていれば、たとえその後連勝を止められても勝ち点差という

結果の面でアドバンテージが大きかった筈。



そのタイミングでのファンとの交流。

ここ数試合のファンとの関係の良さを考えれば、多分選手にとって負担になるどころか、

モチベーションUPとなるプラス要因の方が大きい様に思います。

しかも智樹ブログによれば「岡山が企画に参加した」とあってww

もう笑う感服するしかない。

自分の持っているもの全てを所属チームの為に吐き出して、

全力でチームへ献身する彼の姿勢には頭が下がる。

そんな岡山がやるって言えば他の選手も

「やろうぜ!」ってなるわけで。

これまで厚別やドームで選手が感じたであろうファンの思いを、

ピッチとスタンドの距離感無く感じれる貴重な機会。

今の彼らなら大きいエネルギーに出来るんじゃないか、と期待する。



いろんなブログを見て回って、イベント自体、選手間の雰囲気の良さが伝わってきて、

勢いだけじゃない、今後の厳しい戦いも耐えられるチーム力が備わってきた、

そう感じるのでした。



加えて選手は今日から2連休。

石崎監督、思い切ったことをする。

最近監督が決断することに結果が見えてくる様になりました。

この休みも残り11試合の激戦に向けた良いリフレッシュになる筈です。



私は石崎監督には5月の熊本戦後

辞任要求しておりました。

手の平を返すつもりはありません。

ただ、土下座する日も近くなってきた様な気がします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/602-dc148a46
    この記事へのトラックバック


    最近の記事