アウェイ3連戦は最高の結果でした(勝ったから言えるのですが)

2011年10月27日 22:03

2011 J2リーグ戦 第7節
徳島 0 - 2 札幌 鳴門大塚/3,571人
得点 徳島;
   札幌;51' 近藤、80' 内村



昇格戦線の一つ目のヤマ、アウェイ3連戦が終わりました。


選手、チームスタッフの皆さん、アウェイへ出向かれたサポの皆様

大変お疲れ様でした。



鳥栖戦からの3連敗はちょっと予想外だったけど、

一番きついはずの最後の試合、かつ一番力のある相手、

そして何より一番負けてはならない相手に勝って得た結果には物凄く価値がある。


そりゃ上位に駆け上がった勢いそのままに連勝街道でいけたら良かったに決まってる。

でもウチはギリギリの勝負を何とか制し、駆け上がってきた訳で。

そもそも勝ち負けはいつも紙一重でした。

その勢いで最後までいくには試合数が残り過ぎていて、ある意味

「どこで一度落ちるか」。それがいつなのかが心配だった。



だからこそ、3連敗はある意味OK。すぐ次に徳島に勝てたのだから。

仮に同じ勝敗、勝ち点だとしても、京都に勝って目下のライバル徳島に負けたとしたら

残りの6試合、そこから失速曲線を描く可能性もあったしね。

まあ、勝ったから言えるのですが。




京都戦後に石崎監督が「運がある」と言った通り、試合の流れの部分も含め

改めて監督は自チームの運を感じているはず。

北九州に負けて徳島に抜かれ四位転落したけれど、

次はその徳島との直接対戦な訳で、勝ちさえすれば直ぐに抜き返せる。

連敗中の選手に対し、監督もモチベートし易かったと思います。

まあ、勝ったから言えるのですが。



選手同士のミーティングも合宿中だからやりやすかっただろうし、

それが直ぐに結果に現れたこと、奈良ちゃんの抜擢が成功したこと、

全て勝ったから言えるのですが、やはり吉と出たのは運がある証拠。



そして、やっぱりやることをやりきったからこそ、運を引き寄せた。



勝ってはいたものの横浜FC戦辺りになると、もはや完全に受けに回っての

カウンターになっていて、本来やりたい前からのプレスが出来る状態ではなかった。

徳島戦は押し込まれつつもそこはしっかり出来ており、パスを回されつつも

相手を自由にはさせなかった。

後は3連敗中に失ってた玉際の激しさ、一歩目の早さが徹底されていた。

この試合で自分達のスタイルをある程度取り戻せた。



完璧な試合では勿論なかったが、選手も監督もある程度狙ったことができた試合

ということでポジティブになれると思う。

残り6試合にも繋がる試合内容だった。




それにしても奈良ちゃんには脱帽だ。水戸戦を観れていないので、改めて感心した。

プレーの選択一つ一つが落ち着いていて的確。

且つ出来ないことはしない勇気もある。クレバーで当たりも強い。

頼むから大学には行かないで欲しいのだが、どうしたら良いだろうか。。。

それにしても、今年は札幌の歴史上初めてのCB当たり年ではないかな?

しかも皆若い!



個人的なMVPは両SB。

JP と日高は逆サイドがよく絞って中の守備をカバーして危険な芽を摘み、

攻撃時にはオーバーラップもサボらなかった。地味ではあったが正にチームプレー。



得点はユースケとウッチーの同い年コンビ。

ヒーローインタビューは二人共憑き物が取れたような

さわやかな顔をしてたなぁ。

そういえばユースケは又左足のシュートだったな。



あと何だか相手チームに見覚えのある左SBがいたけれど。

色々この試合に対する思いはあったようだけれど。

まあ勝ったのは俺達だし、キミがいた去年と比べて

チーム力も、一体感も、実力も間違いなく上。

どうだ、悔しいだろう?そういうことだ。

まあ、キミには感謝こそすれ恨みは無い。ただ負けられない。




兎に角、勝つって素晴らしい。

映像で流れていたサポへの挨拶の時の選手の雰囲気の良さは

雨上がりの夜空の様だった。

長期遠征の良い締めくくり。

終わり良ければ全て良し。

まあ、勝ったから言えるんだけど。

そしてまだシーズンは終わってないし、昇格も勝ち取ってないんで。

結局は昇格するまで永遠と続く「負けられない戦い」の一つが

終わったに過ぎない訳で。



まずは次の熊本に勝つ!ただそれだけですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/609-93c3b448
    この記事へのトラックバック


    最近の記事