「この状況を楽しむ」って、むつかしいなー

2011年11月07日 22:39

2011 J2リーグ戦 第34節
ベルディ 2 - 1 札幌 味スタ/5,425人
得点 ベルディ;17' 阿部、55' 巻
   札幌;83' 砂川




味スタ現地組の皆さんお疲れ様でした。



見事にベルディにリベンジをされてしまいましたが、

まあ選手は気持ちで、サポは応援でベルディには負けて無かったので

次また頑張ればいいし、何度も言う様に全部の試合が

「絶対に負けられない戦い」なのだから。



まあ、こう冷静に言えるのも時間がちょっと経ったからと、

ポンジュースが良い仕事をしてくれたからこう言えるのだけれど。

それと、巻なんぞに持ち味通りの泥臭いゴールを決められ、2-0になった時には

発狂のあまり体中の血が沸騰し、その後上原のドンピシャヘッダーが跳ね返された時には

もう怒りで新しい生命体にでも生まれ変わりそうでしたが、見事なパス回しからの

スナのゴールに癒され、何とかこちらの世界に戻ってきました。



まあその1点がもし無かったら、選手のメンタルもキツかったでしょうね。

それに3連敗の時、このまま行くと勝ち点差より得失点差の方がキツイな、と思ってました。

前節3-0とし、そのビハインドをかなり押し返した直後に2点差で負けるというのも

勿体無かったし、その点でもあの1点は大きかったかと。



結果勝ち点では徳島と同一だけれど、得失点2で4位に後退。

ただし、徳島も同じ様にキツそうだから。昇格童貞だからね。

札幌さんもこういう昇格レースは初めてだから、もはやここからは未体験ゾーン。

だからやっぱり石崎監督や河合キャプテンの言う通り、

我々サポもこの状況を楽しむべきなんだろうね。



河合キャプテンの言葉は素晴らしいし、有り難いし、

こんな選手が札幌に来てくれたことには

本当に感謝しなきゃいけないな、と改めて思う。

さあさあ、残り4試合。皆で全力で楽しみましょう。



しかし。

楽しむ・・・と言ったは良いものの。

今の家庭環境ではスタジアムに行く機会は限られており、当然TV観戦がメイン。

しかし、今の様なチーム状況だと尚更気持ちが強すぎてスタジアムと同じ感覚に陥る。

故に興奮しTVに向かってどなったりもするし、思う様に行かないとイライラもする。

それが、この間ヨメさんに改めて指摘され「子供の教育上良くない」とダメだし。

「もう皆がいない時間に一人で観て欲しい」とまで言われてしまった。



当然それは困るので、色々話し合って「改善する」と約束。

昨日も生で、子供の相手をしながら観ていた。

そう、監督が言う様に昇格レースを楽しむのだ、と呟きながら。

阿部の1点目は前半早い時間だったし冷静に対処し笑顔を保ったが

前述の通り巻の2点目でも何とか発狂するのを耐えたものの、

やはり目だけは血走ってしまっていた様で。

隣で私が感情を必死で堪えているのを見ていた上の子が

苦笑いをしながら、後ずさりして去って行った・・・

ヨメさんにはばれなかったんで良かったが。。。



猛省。わが子よごめん。

次は絶対ニコニコ笑顔を絶やすことなく90分過ごすから←できっこない



サッカーを真剣に観ていて感情を吐きださないなんてムリだー。

そしてUSのリーダー君達が良く言ってる様に、

ミスで溜息とかつかず、常にポジティブにピッチ上の選手を応援することも難しい。

その上で更にこの状況をただただ楽しむ、ってことはもっと難しい。



我々サポもこの状況では色々試されてるんだなー

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/611-201f6f65
    この記事へのトラックバック


    最近の記事