Viva Sapporo、たとえ敗れようとも!

2011年12月01日 22:37

ちょうど3年前の今頃。



最終戦を待たず札幌の降格は決まり、ドーム最終戦は優勝のかかる鹿島との試合。

あの試合の先発メンバーで、今もチームに残っているのはスナだけになりました。

それはたった3年での出来事で。



あの年に私達が味わった厳しさや辛さの行く末は、多くの選手との別れであり

その年の最後には村野夫妻との残念な別れまで待っていた。

その村野さんが心血を注いでくれた寮で育った札幌の希望の星、大伍と征也は

私達のチームがあり続ける為に羽ばたいていったりもした。

謙伍の様に戦力外となり、新天地へ向かった選手もいる。

それでも後を託された蛯沢夫妻を中心に、しまふく寮の伝統は引き継がれ、

四方田監督の長年の奮闘も実った結果、我々は他が羨む程の若手選手、

ユースを抱えるチームになった。

これもたった3年での出来事。



あの時目の前で鹿島の優勝とその強さを見せつけられた上、

しまいには試合後鹿島コールをするかしないかでゴール裏が分裂、

後味の悪さの残った思い出。

色々紆余曲折あったものの、勝てば選手もサポも肩を組んで歌い、

メインもバクスタも立ち上がってコールする今のホームの雰囲気。

これもたった3年での出来事。



あの試合のサンクスウォークを眺めながら、自分達の無力さに呆然としつつ

それでも私達はまたここに戻って来よう、と皆で誓ってちょうど3年。

たったの3年。

ここまでチームは様変わりしたけれど、その3年で余りに色んな事があった。

サッカーでの3年は長い。そんな気がする。



3年の間ドームでの誓いを忘れず、希望の道を歩き続け、

再びあの場所へ戻れる、あと1歩の所まで来たわけです。



この短くも長い3年を締めくくる土曜日の決戦を控え、今の私達に相応しい言葉、

私がサッカーに関わる名言で一番好きな

「Viva Betis 例え敗れようとも」

を心に、土曜日は応援したいと思います。



決戦を前に「敗れる」なんて縁起悪いと捉えられるかもしれないが、

そういう意味ではなく。

このチームとこの3年間。いや、このチーム創設以来。

あの悔しかった鹿島戦の様に、思う様に行かない時がその殆どでありながらも

皆でチームと共に歩んできました。



あの時から3年の歳月をかけ、ようやくこの舞台を迎えることができる。

歓喜の瞬間は一瞬。でもその歓喜はこの3年間があったからこそのもの。

負けようがバカにされようが、私達は札幌と共にいたからこそ。




Viva Sapporo、たとえ敗れようとも!

だからこそ、絶対に。

この3年間同じ時を過ごした皆で、一緒に歓喜の瞬間を味わいましょう!



   PS;大好きなサンボマスターの曲で、歌詞が何だかシンクロする曲がありましたので

     歌詞のリンクを載せます。。

     ドームへの道中に聞きたいと思います。

     「裏切られても裏切るなよ 君よ旅立ちの朝だよ」

     ってとこが何か来るなぁ、ヤバイ。

               サンボマスター「希望の道」
スポンサーサイト


コメント

  1. まる | URL | mfVY7I6k

    Re: Viva Sapporo、たとえ敗れようとも!

    「もんじゃ」じゃなくて、蛯沢夫妻ですよ~。
    土曜日は勝たせましょう!!

  2. たかおー | URL | -

    Re: Viva Sapporo、たとえ敗れようとも!

    まるさん
    ご指摘ありがとうございます!訂正します。
    もんじゃとエビちゃん、なんか分からないのですが昔からよく間違えるんですよね…
    とにかく勝ちましょう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/620-d9409499
この記事へのトラックバック


最近の記事