これも昇格効果なのか?

2011年12月06日 22:39

何だか、書きたいことがいっぱいあって。

これまでせいぜい週1でしがブログアプしなかったのに。

これも昇格効果?。



●当日スタジアムでの話

その1

東京のコールについて、各所で「酷い」「ムカツク」等色々な感想をみました。

まあ一時期あそこにいた人間としては良くも悪くも「あれが東京スタイル」

って思ってたのですが、実際やられるとちょっとムカっときますねw

でもそれが彼らの狙いなんですよね。

あんまり悪意は無くて、笑いながらやってるんで。


彼らが目指すのは、Jの画一的な応援スタイルと一線を引くことだったり、

朝日マンの好きなアルゼンチンスタイルをベースに、欧米等でも伝統的な

相手を茶化したりするチャントとかをやりたい訳で。

ご存知のエイソードも多いとは思いますが、メジャーどころで例を挙げると、

「戦え、俺の東京―中略―弾けよう飛田給負ける訳はないさ」

の「飛田給」のところを、地方に行けば基本「田舎でも」に変えたり

(昔は色々あったんですが)。

佐藤ユキヒコがマリノスに行った時には「俺たちのユキヒコ」コールを

「君たちのユキヒコ」コールと共にブーイングしたり、

マリノスと言えば岡ちゃんへののび太コールとかw

更にマリノス時代から川口は何故か東京戦でやらかすので「ヨシカツトーキョー」

発展して「ミソカツ」「ハムカツ」とか。

08年のナビスコベルディ戦で元東京の土肥を茶化しまくり、ベルディは4失点。

「どーい、どーい4失点!」のコールには流石の土肥も手を振って激怒していたww



またナビスコ決勝浦和戦、浦和が熱くなっているのを横目に

東海大コール(野球でよくやるラッパの伴奏から「T・O・KYO!」)

で内輪うけしてみたり。

まあ、そういう人達ですのでw

良いな、と思うのはアドリブで初めても皆反応が良いところ。

確かに硬派なスタイルばかりでも面白くないしね。

悪いのは、それが目の前の試合以上になってしまっている時もあったり

本当の意味でのサポートになっていない時が結構あること。

結果的に選手も一緒に流されちゃってる時もあるしね。



そういう意味ではサポーターのスタイルって、選手にも結構影響するんだな、

って思う。



その2

毎年思うのですが、セレモニーまでの準備時間、長くないっすか?

この間も折角満員になったのに、セレモニーまでの時間が長く

その上で若葉の演奏があってドールズのダンスがあって。

その間に折角満員だった殆どのお客さんは帰ってしまい、

残ったのはいつもいる人達位の人数に。


確かにヒーローインタビューで監督・選手の声も聴けてたけど、

折角なら普段あまりコンサのことを見聞きしない方々に、

あの壮観な「オールコンサドーレ」が揃った姿を見せて

コンサがやってる取組を知って欲しいし、サンクスウォークで

選手が近くに来て挨拶する姿も観て欲しかった、と思う。

・・・まあ、私自身がせっかちだからなのかもしれんけどね。



その3

改めてコレオの話。

07年の最後2試合もそうだったけど、スタジアム全体でやるコレオって、

良く考えたら凄いことだよなあ。

良くバルサがクラシコで9万人規模でやるのも凄いけど、

今日本でここまでやるのはレッズとウチ位なのかな?

他にあるんでしょうか?知ってる方教えてください。

(ナビスコ決勝や天皇杯では良く見るんだけど)

少なくとも満員に近い状態でないと出来ないので、

各チームもやれる機会は現状限られてるんだろうけどね。

しかしあの紙を並べる作業は想像するだけでクラクラ来る。

改めて準備に関わった方々に感謝申し上げます。

お手伝いもせずこんなことを言うのは失礼かもしれないけれど、

札幌のコレオもまた「俺達の誇り」ですね。



あー、あとTV関係のことも書きたいけど、それはまた明日。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/625-d39ef4e3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事