アカデミーの特集番組は良かった!

2012年01月24日 00:00

土日は疲れた。



ヨメさんが仕事だのフリマに出店するだので土日共に子供の面倒を

見させられた挙句、風邪ひいたとか言い出して寝込んでしまい

結局土日ほぼフルに家事+子供3人の面倒を見ることになってしまい、

夜9時に全員寝かした後は疲れのあまりボーゼンとしてました。



それからやっと訪れた自分の時間を満喫すべく、録画したアンダルシアダービー、

奥寺さん特集のFOOT×BRAIN、ドラマ「運命の人」等を観つつ、

最後に万を持して?昼にやってたコンサドーレアカデミーの特集を観ました。



結論から言えば、この手の取材番組としてはかなり出来が良かったです。

30分も尺があったことにまず驚きましたが、サポにとって非常に濃い内容だった、

とまでは言えないものの、一般の人が番組を観たならば、大半の人が

「コンサドーレって良いクラブだな」

「道民として応援したくなるチームだな」

という印象を残すことの出来る内容だったんじゃないかな、と感じました。



千葉出身の四方田さんの就任に至るエピソードはサッカーに疎い道民でも

興味深いし、「3年くらい」のつもりが13年に渡りチームに関わり続けながら

「北海道のチームとして」のアイデンティティとプライドを強く感じさせる

彼のコメントの数々が、チームの持つ理念等を非常に上手く表現していました。



特に浅尾・名塚両コーチと共に「いずれ日本人は全員道産子に」という理想や、

冬の北海道でサッカーをするハンデを「他の道内のユースチームより

恵まれた環境にある」「(プレミアイースト優勝は)北海道全体の勝利」と

語っていたのには、ただただ我がチームを誇らしく感じました。



室内や白恋での夜間の練習風景の貴重な映像にはへーっ、って思ったし

しまふく寮での様子も久々に映像でみれて、選手の様子は勿論のこと

あゆみさんの選手への思いやりが語られてたり、ひよりちゃんの姿がまた可愛かったり。

四方田さんが突然現れて部屋のチェックが入って焦る寮生達が微笑ましかったり。

前くん一家のエピソードもあったり(ポルトガル語勉強してんだね~)。



昨年末は終盤思いの他チームは注目を浴びる中、期待に答えてJ1昇格を果たし、

今年は道民の期待値も高い一方、ここ数年の厳しい結果ではあった中見えなかった

じっくり取り組んできた一面について、丁寧に番組を通して伝えてくれるのは

とても嬉しいことであり、こういうのも岡山が言う「マスコミも一丸となって」

の一つなのかな、と思います。



STVさん、良い番組をありがとうございました!


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/647-6d8ccfea
    この記事へのトラックバック


    最近の記事