ピッチでもっと「感情」をみせてくれ!

2012年05月09日 22:51

2012 J1リーグ戦 第10節
横浜FM 2 - 1 札幌 日産スタジアム/24,183人
得点 横浜FM:22' 中村俊、78' 谷口
   札幌;、27' 古田




もう細かいこと言ってもしょーがない。

選手達に言いたいのは「もう一度気持ちを奮い立たせて、闘え!」ってことだ。

マリノス戦には厚別でみせてくれた「闘う姿勢」が希薄だった。



ホスンへのオブストラクションを無視されたあげく

あっちのシュンスケにしたり顔でゴール決められたり、

シュート21本も打たれたのにこっちはたったの3本だったり

ロスタイム、こっちは何とか追いつきたくてボールを奪いにいくのに

軽くいなされ、時間稼ぎのキープをされほぼ全くボールに触れなかったり、

エヒメッシに「もっと楽に勝たなきゃいけないゲーム」って言われたり。




そうでなくても。

これだけ負けてれば選手は毎度悔しい、悔しい、と思ってるはず。

そして、このままで良いと思ってる筈も無いだろう。

でも、試合後に毎度うな垂れてるだけじゃ何も始まらない。



それならその悔しさを。

男ならその「怒れる気持ち」をもっとピッチで表現して欲しい。



Fighting fists, angry soul
Never lose my fighting fists
My dear Consadore, angry boys
Never lose your fighting fists

Go boys
Go now
Go fight now!



“HI-STANDARD  Fighting fists, angry soul”

(一部歌詞を変えてます)



こんな時だからこそ、怒りでも何でもいいんだ。

選手達には感情を見せて欲しい!



Go boys
Go now
Go fight now!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/665-ea435a36
    この記事へのトラックバック


    最近の記事