善意ある人達に甘えてないか?

2012年05月23日 22:37

前俊全治3か月とは。一方ホスンは手術成功とのことで。



5月に入り、一瞬厚別でようやく春が来た、と思わせておきながらの、

真冬逆戻り、大雪でスタッドレス履き直しました・・・的な今の札幌ではありますが、

岡山のブログにあった様に、彼等の為にも何としても踏ん張らなきゃいかん、

ということだ。





さて。サポーターは試合以外にも踏ん張りどころがあって。

持ち株会の出資募集は取り敢えず目標を達成とのことで、こちらの方は結果が出た。

私も少しではありますが、真水でチームの役に立てた、ということはちょっとだけ

誇りに思ってます。



ただ、50MMの持株会の増資目標達成で今年度の債務超過解消に目処が立ったわけでは

無いのは周知の通り。

果たして会社が70MMの債務超過解消の為に、残り最低でも20MM超を集め無ければならない。

この点は相当不安視している。




この件で思うことがある。

スポンサー収入や観客収入などでその20MMを確保することを

そもそも考えていたのかどうか?



事業会社が債務超過を抱えている際に、それを解消するもっとも有効な方法は

本来増資等ではなく、売上を上げ、利益を出して資本勘定に取り込むことだ。

HFCはずっと赤字企業なのだから、利益出しても法人税は持ってかれないでしょ?

(正直そこんとこ良く分かってないのだが)



勿論、売上を20MM上げてもまんま20MMの利益にはならない為、

増資は真水が入るので、もしそのアテがあるのなら企業にとって一番ラクな方法だ。

だけど、いつまでもそういう姿勢で良いのだろうか?

公共性のある事業会社とは言え、あくまでも民間のイチ企業であり、

そのような会社が毎度タニマチの寄付で何とか生き延びるなんて、

ビジネスとして全く成立していない訳で、それで良い訳がない。



サッカーチームにとって売上を上げる方法として、一番良いのはスポンサー収入だ。

入場料収入等と違い、多少イベント経費や営業経費はかかるが、真水に近いからだ。

そしてもし企業に増資を依頼する位なら、広告費として同じ額を拠出してもらう方が

広告効果も少なからずあるワケだから、お互いにメリットが高いと思う。



だってHFCの株券なんて持ってたって企業にとってはただの紙屑な訳で。

配当は出る訳ないんだし、また減資要請が来るかもしれないし、

ましてや売ることも現実的には無理。

買った途端に実質価値は0なのだから、本来的には初年度すぐにでも評価損で決算時に

特損処理すべき不良資産であり、企業にとって良いことは一つも無い。




そんな寄付を迫る位なら、よっぽど短期でもスポンサーとして広告料で支払う方が

企業も話を受けやすいと思っていたのだが、実際にはどうなのだろうか・・・




私はHFCの裏事情なぞ勿論詳しくないし、札幌の政財界の内情とかも良く分からないので

あくまでも推測なのだが、HFCが出資の「お願いは出来る」アテはあるんだ、と思う。

ただ08年の時は殆ど集められなったとのことで、その時はアテが外れたということだったのか?



その先が企業なのか個人なのかは良く分からないが、もしそうだとすれば

そのアテに対する見通しも、経営方針も、危機管理も相当「甘いなあ」

と言わざるを得ない。



今Jのチームの多くは経営難で予算に四苦八苦している。親会社がある所だってそうだ。

でも、営業努力、アイデアでスポンサーと観客動員を確保して事業収支を維持している

チームも沢山ある。



一方HFCは、コンサドーレというチームを支える気持ちのある人達の

その善意に甘え続けているんじゃないか、という気がしてならないのだ。

今回も持株会は早々に目標を達成しているが、まだ募集は続けている。

債務超過解消には実はまだ足りない、とアピールすればその分もサポーターは

助けてくれるんじゃないか、という雰囲気がプンプンする。



この点で経営陣の必死さが全く見えてこないと思うのだが、どうだろうか?

まあ全ては結果なので、最低20MMを集められれば良いが果たして。






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/668-25942915
    この記事へのトラックバック


    最近の記事