スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「右に左に」と言えば?・・・篠塚!

2012年08月27日 22:59

*初めに言っておくと、コンサの話題の前フリ長いですw


実は8/10から8/21まで会社を休んでいました。



夏休み・・・ではなく、長期勤続のリフレッシュ休暇制度があり

営業日で8日間休まなければならず。営業故、自分の客も休み入る今の時期しか

長期の休みは取りづらくここで使うことにしました。

前回この休暇を付与された際は長期休みづらく使わなかった為、

今回こそ絶対使ってやると。



とは言え仕事は山ほどあり、休暇中も内1日は出社&地方出張、4日はPCを開いてたので

ちっともリフレッシュなんかにはなりませんでしたw

それにヨメが足を怪我して松葉づえ生活だった故、家事・子供の面倒ほぼ一切を

受け持っていたのである意味会社に行っていた方ry

ヨメが子供3人面倒見切れない故、仙台戦は子供二人を連れての参戦だったのでした。


それでも休めるのは良いことで、「そんな制度あるなんて良い会社ですねー」

等と良く言われますが、そういう制度面での充実が無ければこんなストレスの強い会社で

やって行けませんわ。。。



さて、今週末も色々ありましたが、何となく「みぎ、ひだり」っていうのが

共通のキーワードがあった気がして。

私の場合、「右に左に」と言われると反射的にと篠塚の応援歌を口ずさんでしまうのでw

今週末は何度も篠塚の応援歌が頭の中でリフレインしたことかっ!!

あの頃の篠塚の広角打法はホント、凄かった。。。しかし古いなw




まず初めは来週末久々にゴルフに行くことになって。

1年ぶりにクラブを握るので打ちっぱなしに。元々クセがドロ―系・・・というかフックボールですが

練習してないとスライスも出る。最終的にはまあある程度形にはなったのですが。

ゴルフで右に左にボールが曲がり出すとコースに出ちゃったらもうフォーム修正するのは無理。

一番得意な筈のショートアイアンが一番右左にズレまくりで、もはやスコア的は期待出来ませんな。




そしてサッカーでみぎ、ひだり的なことが3つも。

まず昨日のU-20女子ワールドカップ対スイス戦、田中のFK2発にはドギモを抜かれました。

右足、左足で1本づつ決めるなんて、凄すぎて笑ってしまった。

流石の宮間姐さんでもやったことあるのかなぁ・・・

それにしても、U-20の代表のレベルの高いこと高いこと。去年のA代表ワールドカップで

「女版バルセロナ」なんて言われてましたが、相手のレベルが違うとは言えこの代表の方が

バルサに近いことをやってますね。

何が近いかって言うと、密集地帯に出すクサビのパスの出し手の精度と、受け手の微妙なポジション取り、

場合によってはスッと反転して前を向いたりする駆け引きの上手さ、相手をサイドに密集させて

一旦ボランチへ戻してからのサイドチェンジとか。レベル高杉。

前日しょうもないチームの試合見てたから、なおの事w




土曜の夜はマンU香川。

右サイドバレンシアが生き残りアピールなのか、組み立ての段階で全く香川にボールを預けないこともあり

消えている時間帯も結構あったけど、その中ラッキーゴールとは言え点を取ったのはやっぱ「持ってるなあ」と。

そしてその数分後、ポストを叩いたゴール前密集地帯で左に切れ込んで左足のシュートを見て

「プレミアでも香川は大丈夫」と確信しました。

それにしてもトップ下の香川は右に左に、良くボールを貰いに顔を出す。開幕戦の方がその動きに回りもパスを

預けていた。これぞ正に現代のトップ下プレーヤー、てな感じで流石2年ドルの中心だっただけあるな、と。

ただ全員労働者タイプのマンUフットボールにおいて、守備面での貢献は2試合通じてほぼ皆無であり

攻撃面で常に結果を出す必要があるかな、と思います。

それにしても数時間前にしょうもないチームのサッカー観てたので、楽しんで観れましたw




さて最後にもはや触れなくても良い様な気がしますがw、土曜のガンバ戦。勿論詳細は触れまいw

ボールを奪えず右に左にボールをただ回され、文字通り右往左往している我が軍は正直無様でした。

珍しく一緒にTV観戦のヨメも呆れてました。

書きたいことは山ほどありますが、もはやそれを書いても仕方ない。



それでもどうしても1点だけ書いておきたい。

札幌はドン引きし過ぎて遠藤や明神が楽にアタッキングサードの前でボールを持っていた。

行ったら交わされてウラを取られるのが怖いからで、多分行かないで何とか耐え凌いだ方がまだ

勝機はあったのかもしれない。現にあんだけシュート打たれて奇跡的に16分間は耐えれたのだからね。。。

でもその弱気が結果的に自陣でボールを持っても終始オドオドプレーしてたことに繋がっているんだよね。

私は札幌がJ1で勝つにはドン引きサッカーで全然良いと思ってる。

でもそれは相手のプレッシャーに負けて結果引くんじゃなくて、意図的に引いて守るサッカーじゃなきゃ

絶対ダメだ。仮に相手に実力で劣っていると認めても、サッカーは勝てるスポーツなんだ。

ガンバ戦は選手が試合の序盤で勝てないことを認めてしまい、負けた試合だったと思う。

そんな試合を観たいサポーターはいないよ。




と、少々強引ですが篠塚的な週末でした(←どんな週末だよ)。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/681-2692f8d7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。