悔しさ余って衝動買い(まだしてない)

2012年10月29日 21:33

悔しくてたまらない。



いや、東京戦での0-5敗戦の件では無く。

あれは仕方ない。本職DF一人もいなかったんだからね。

だからといって良い所もあまりなかったけど。



土曜日に、12/1のKenBandの札幌公演のチケット発売があり。

KlubCounterActionで直接販売のみという販売形式だった。

キャパは150人程の為売り切れ必至。

でもKenBandのライブも初めてだし、カウンターアクションでの一般販売の様子も

分からない。且つ何時間も前に行って並ぶのも事情により出来ないので

取り敢えず所用で街に出つつ、15:00の発売開始の30分前に現地到着。

すると、もう100人前後並んでいる。。。

チケット購入は一人1枚のみであるが、先行発売もある為残り枚数はどうなのか?

店の人も「売り切れになる可能性があるのでご了承ください」と

アナウンスして回っている。





発売開始後、不安に駆られながら列を進んでいく。

そして、あと10人程度となったところで

「売り切れです!」

自分を含めて待機列の面々が固まる。

皆「ウソだ、信じない!」って雰囲気。





再度「横山健のチケットは売り切れです!」

の案内で現実に戻され、仕方なく列を離れる。

正直ギリギリ買えると思っていた。

もはや行く気マンマンだったし、ライブの妄想も膨らんだ。

この数か月はKenBandばっかり聞いてるし、新譜への期待も

爆発しそうだ。ギターのコピーもKenBandの楽曲ばかり。

何せライブ自体がガンズが出た2002年のサマソニ以来、

ライブハウスにしても多分2001年頃のZEPP札幌以来か?

いずれにせよ、10年ぶりのライブ体験をする筈だったのに!!



がっかりを通り越して何だか悲しくなってしまい。

こういう時はもう頭がそれでいっぱいで、何をしていいか分からなくなる。

狸小路に戻り、駐車場に戻るかフラフラ歩き出した時。



目の前に見えた狸小路のESPに、つい飛び込んでしまった。

そこで話しかけてくれた店員さんの優しい言葉にホクっとしてしまい、

気が付いた時にはギブソンのレスポールトラディショナルを試奏し、

チェリーサンバーストカラーのモデル在庫確認をお願いしていましたww





帰る時にふと冷静になって

「エーーーーーー、こんなに簡単に買っていいものなのか?」

と、混乱し始めている。

だってあんな高価なもの、フラッと入ってサッと決めるなんて

普通はあり得ない。多分店員さんもラッキーと思いつつ正直不信感持ってる

かもしれない。





正確に言うと在庫は確認したが、カラーを確認したいので写真データ送ってくれ、

とお願いしているだけで発注はしてないのでまだ引き返せる。

今使ってるスペシャルに比べるとネックも若干太く、且つ店で試奏って

メチャクチャ緊張していつも何弾いていいか分からず、コードをぎこちなく

幾つか弾いてみて「いや、もういいです・・・」って感じw





そんな感じなので音も正直良く分からないw

ぶっとい音だってことは分かったよ。これはヘヴィーな音楽をやるのには

向いてるんだと思う。確かにFeeling so goodだった。

その後おまけで希少?なNavigatorの横山健モデル(例のガムテ付)も

試奏させて貰った!こちらは中音域が抜けてる感じ(店員さん談)。





戻ってから改めてネットで色々調べている。

正直、俺程度の違いの分からない素人に高価なものが本当に必要か? かといって

トラディショナルを含めギブソンはヒスコレ以外は木の材質に当り外れがある

とのことで、価格の割に・・・という評価を非常に多く見かける為

一生モノにしようという考えがそもそもあったことを考慮すると、

もはやヒスコレを買った方が良いんじゃないか?

って逆に気持ちが大きくなってしまったりw

と、迷いに迷っている。





まあ自分には毎週末じっくり楽器屋を巡る様な時間的余裕が今は無いので

正直欲しいと思ってる時に買わないと、結局タイミングを逃すもので。



勢いで買ってしまうのも良いとは思うのだけれど。

さて、どうしようか。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/691-1fb1d276
    この記事へのトラックバック


    最近の記事