さようなら2012

2012年12月31日 07:52

今日で2012年も終わりです。


昨年の年末のエントリを振り返ってみると、まあまず昇格後のテンションの高さも

あいまってまずエントリ数が多いこと多いことw

それに引き換え今年は・・・推敲してた文章は幾つかあったのですが

モチベーションも低く完成まで至らずアップしそこねました。

私の日々の活力は色々な要素があるけれど、その中でももっとも大きな喜怒哀楽や

このブログを書いている最大の原動力はやっぱりサッカーであり、札幌である、

ということを改めて認識してます。


厳しいシーズンは覚悟の上でしたが、その斜め上を行く強烈な試練の1年となりました。

昨年培ったあの一体感だけではJ1は通用しませんでした。

まずチームの底力を数段レベルアップすること、その為にも経営を安定させること、

そしてサポはやみくもにチームを信じるのではなく、時には選手や会社にぶつかっても

言いたいことを言わなければならないこと。

よーく考えれば、2011年の昇格劇に至る過程ではそういうこともありましたよね?

だからあの一体感はただ通用しなかった訳では無く、いずれ我々の手でその時が来たら

もう一度復元出来るものと思ってます。


来年は他からの補強選手もほぼ無し、恐ろしく平均年齢の低いチームとなり

グアムキャンプは無し、新人監督に新人社長wという条件だけで言えば

過去最悪のシーズンが予想されます。何せ、仮にもJ1にいた翌期に

主力選手がJ2参入2年目のチームにブッコ抜かれるという、ヨソではありえない

移籍が起こる程、魅力の無いチームのワケですから。



それでも尚凝りもせず、ワクワクしてしまうのは何故でしょうね?



まあビョーキであるのは間違いないのですがww

他に強いて言えば一応、一縷の希望あるから、でしょうかね?

ユース出身選手を中心とすることや、OB監督、OB社長は諸刃の剣ではあります。

が、夢はあります。

野々村社長は正直時期尚早の「禁じ手」だったと思ってすぐには歓迎できませんでした。

でももはや、やるならここまで手を着けなきゃダメだったかも、と思い返しました。

チームの状況は危機的であり、やるならその夢に向かって一本貫く必要がある、と。



決断してくれたノノの心意気に心から感謝します。

並大抵の重荷ではないし、見返りも少ない中引き受けてくれたことは

引退後飄々とTVで自由に発言する彼の姿しか殆ど知らない私にとって、

男気のある真の姿を知ることになりました。流石札幌黄金期のキャプテンだ。



ということで、何とか明るい気分で新年を迎えられそうであり、

今年の年末は長い休みの割りに予定が殆ど無いので、のんびり色んなことを

やろうと思ってます。

まず初めてのおせち料理自作にチャレンジ。

そんで先日買ったレスポール(!!)を弾きまくって

進まないダイエットのためにも運動も欠かさず

酒控えめの日々にしようかな。




皆様2012年お世話になりました。良いお年を。









スポンサーサイト


コメント

  1. 相互リンク

    初めまして、人気サイトランキングです。
    サイトランキングを始めました。
    ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
    SEO対策にも力を入れています。
    一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
    http://snurl.com/26040ie

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/701-615a14a2
この記事へのトラックバック


最近の記事