CALDERA/LA-PPISCH 

2013年01月23日 22:27

レピッシュ

CALDERA/LA-PPISCH 

年始にCSでARABAKI ROCK FESの特番をやっていて

正直あまり観たかったバンドが少なく流し見をしていたのだが

その中でMagicBlueCaseを演奏するLA-PPISCHの映像が流れたのだが

もうそれはそれは圧倒的なカッコよさで。

ちょっと前にこのアルバム自体はCD屋で見かけはしつつも買うには

至らなかったのですが、あれを見せつけられちゃー買うしかない。



いやー、超カッコいいっす。

昔の曲のセルフカバーが殆どですが、オリジナルに比べても

演奏がパワフル過ぎる!

何がやばいって、「美代ちゃんの×××」の超コアなアレンジは

刺激が強過ぎてクセになる。オリジナルからして相当刺激的だったのに。

先のTVで流れてた「Magic Blue Case」もまた同様。

「HardLife」や「AnimalBeat」も懐かしくもあり古臭さは全く無し。

どの曲でも恭一のカッティングのキレはハンパ無いし、あとはドラムが

オリジナル(雪好)に比べると断然パワフルでしかも音が渇いてて。

ちょっと最近聞いた日本人のドラムの音で一番好きかも。




「ワダツミの木」は彼等では無く現ちゃんの曲だけれども

Magumiヴァージョンの歌も泣かせる。

出来れば一番好きだったWonderBookやKARAKURIHOUSEからの

曲もあったら良かったけど、まあ満足。

最後は名曲「パヤパヤ」で締め。



そういや高校時代にカラオケ行って「パヤパヤ」歌ったら

「なんだよ?その曲?」ってスゲー笑われたことを思い出した。

まあバンドブームとかに無縁だった人達にとっては、

LA-PPISCHなんて耳にする機会もあまりなかっただろうし、

ミクスチャーの概念がまだ無くジャンル分けしにくくて、

クセや毒の強い彼等の歌詞・音楽・キャラクターは理解されにくかった

と思う。ただ彼等もそれを敢えて狙って、トンガリにトンガってたのが

コアな音楽が好きなものにとっては最高にカッコ良かった。





今や時代も変わって音楽界はクロスオーバーしまくって、刺激的で個性的な

バンドも山程ある。今やまたバンドブームが来ている、と言っても良い状況だ。

そんな中で改めて聞いてみて、彼等はあいも変わらず新鮮だしまだまだトンがってた。

それが再確認出来てうれしかった。





彼等のPVを擦り切れる程見た中・高の頃。野球部の練習が休み無くあるし

ライブに行くことなんて考えられない時代。

それでも画面の中で暴れる彼らをみながら、自分がバンドをやることを妄想しまくってた

あの日々を思い出す。彼等は自分の青春の一部。



それにしてもMagumiってもう50近いはずなのに

何であんなにカッコいいんだろう・・・

先のARABAKIでの革ジャン姿には正直惚れた!!

スポンサーサイト


コメント

  1. ノンキ | URL | JOOJeKY6

    Re:CALDERA/LA-PPISCH 

    お久しぶりです。LA-PPISCHのアルバム2枚持っています(笑)

  2. たかおー | URL | -

    ノンキさん
    こちらこそご無沙汰です。まあ我等の世代は通りますよねーユニコーンとかブルーハーツとかね。正に青春。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/706-7c7c8294
この記事へのトラックバック


最近の記事