新生コンサドーレ、ホーム開幕戦っっ!!

2013年03月12日 00:18

201303DOME_convert_20130312001249.jpg


2013 J2リーグ戦 第2節
札幌 0 - 1 栃木 札幌ドーム/13,248人
得点 札幌;
栃木:65' 廣瀬


暴風雪&諸事情あり、試合開始10分前に到着。

生まれ変わったチームのホーム初戦ということもあって

久々にゴール裏で90分間闘いましたが、結果は残念。

こういう節目の試合で勝てないってのもウチらしいのですが

やっぱここで勝っておけば今後の動員的に違った筈、と思うので。

まあ内容的にはそこそこ評価できるものだったとは思うし

病気コアな人としてはそんなに悲観する試合じゃないんだけどな。



それにしても、今週改めて観ても守備面はガンバ以外のどことやっても

そこそこ通用する仕上がりになってると思う(ガンバだけはねぇ)。

2トップ&ボランチが真ん中を消すプレスをして神田や古田が

高い位置で奪う形と、それが適わなければ2ラインのブロックで

しっかり対応する守備はそこそこのレベルだと思う。

攻撃も前節よりは連動した形やシュートの1個前のプレーの精度が

上がってきており、決定的なチャンスはかなりあった。

前半40分位だったかな?中央でのパス交換で上里が相手をひきつけて右サイドに

早いパスからソンジンがダイレクトで折り返してウッチーニア、

とかは結構鳥肌モンだった。



あと昨年後半は全くと言って良い程出来てなかったパス&ムーブの動きが

浸透しているのは観ていて気持ち良いですね。まあミスパスもありますが

観ていてストレスを感じません(昨年はこの点が一番イライラしたからなw)。

故にDFラインとボランチでのボール回しも、パスを出した後ちゃんと

出した相手からのリターンが受けられる位置取りに修正出来ているので

ここも安心して観てられましたね。



課題は千葉戦ではチャンスそのものが少ないと言う感じでしたが、この試合は

シュート精度の問題。しかも精度というよりは後半目の前で見た限り、

決定機を迎えながら、どのシーンもシュートを打つ前の体勢が崩れていて

正直入る気がしなかった。。。焦りなのか、体力なのか、ボディバランスなのか。



栃木は相変わらずの松田サッカー。固く、確実なサッカー。

ワンチャンスをものにして、あとはカウンターでじっくり時間をやり過ごす。

昇格争いには間違いなく絡んでくる相手。次アウェイではやっちまわないと。

失点シーンは松本へのファールかと思ったが、今年の基準だと取らないんだろう。

主審家本さんということで、そのジャッジも含め結構審判ヤジが多かったが

今の家本さんはJの中では良い方だと思ってるんだけどな。



選手達は全体的に皆千葉戦より良い出来でしたし、この試合でも上里が

相変わらずのボールの持ち方で、正直もはや惚れる寸前ですw

今だから言うけれど、レンタルバックとなる際「徳島に完全移籍させて貰えなかったのに

ウチに戻ってきてもなぁ」と思ってました。去年リーグ戦32試合も出てた様ですが試合は

観てなかったので。素直に謝ります!でもFK遠慮気味でしたね?なんでだろう。



最後に暴風雪の中駆けつけた13000人超のモノ好きコアサポの方々、

何より700人超のサトウさん、ほんとお疲れ様でした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/716-ec176076
    この記事へのトラックバック


    最近の記事