ようやっとホーム初勝利!!

2013年04月15日 22:33

2013 J2リーグ戦 第8節
札幌 2 - 1 徳島 札幌ドーム/8,173人
得点 札幌;55' パウロン、74' 上原
    徳島;29‘ 大崎





結局日曜は所用が出来て参戦出来ませんでしたが、行きたかったなー。



まあ前半は前節にも増して酷い出来で、何点取られてもおかしくなかった。

河合の怪我をしたシーンだって、あそこまで無茶して足を出さなければ

確実に失点する場面だったし。




徳島は強力なプレスから高崎に当て、複数人が追い越す動きをして

札幌の急増DFラインの裏を必要に狙って来た。

パウロンがフィジカルを活かして凌いだり、櫛引が読みで奪ったり

何とか凌ぐシーンもあったけれど全体的に判断ミスが多く不安定ではあった。



それでも奈良さんがベンチにすら入らなかったのには色々あるのだろうし、

当面は組み合わせを考慮するとこのコンビで成熟度を上げていくのが

得策かと思われる。



前半に比べ徳島のプレスが緩んだこともあり、後半はCBやボランチが

ボールを持ったところで前をしっかり向ける様になった為

縦に早いクサビのパスが入るようになったことで流れが変わったと思います。

一方で前半の様にプレスを掛けられても、もし上里や前俊の様にうまくいなして

前を向ければ、いやそれ以前にもっと落ち着いて縦パスが出せる様になれば

今期の狙いである繋ぐサッカーが出来る土台はあるのだ、とも思った。

まずは慌てずプレー出来る基礎技術と判断力を高めた上で、

是非とも前体制では出来なかったチームの土台作りやチームプレーの熟成を進めて

行って貰えることに期待したい。




セットプレーでの得点、去年も殆ど無かったしやっと決まってスッキリした!

パウロンの高い打点でしっかり首を振り切ったシュートは正直「美しい」と思ったね。

上原は流石の「上原専用」ボールを見事決めました(懐かしい)。

小山内は良く走って体も張って、深井も緊急投入ながらまずまずの出来。

怪我人が出るのは嫌だけど、若い選手に自分しかいない、と自覚を促す効果が

あるのなら、戦力の底上げが出来ると前向きに捉えよう。



ウッチーはここ数試合、スペースへの飛び出しを意識し味方からそういうパスを

引き出す様になった。点は取れなかったけど貢献度はかなり高い。

ヤスも結構キレてた。ただシュートの決定機を外すイメージがあんまり無い

のだけれど、今年は中々決まらないのが残念。

前俊も良かったのにまたシュートが・・・


杉山には正直色々な印象があるのだけれども、あのPKストップが無ければ

試合は壊れていた可能性が高く、そういう意味でも個人的なMVPとしたい。
   


さて次はアウェイ2連戦。好調の鳥取・長崎との対戦だけれども

ここで波に乗って行きたいところ。キャプテン河合は暫く不在だろうし、

若いメンバー中心での踏ん張りどころになるから、ある意味で

今期を占う大事な試合になると思います。


若さ、はじけろっ!!ww
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/720-6323ab62
    この記事へのトラックバック


    最近の記事