スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に悔しい思いが出来るシーズン

2013年11月25日 22:28

2013 J2リーグ戦 第42節
札幌 0 - 0 北九州 札幌ドーム24,813人
得点 札幌;
   北九州;


IMG_1960_convert_20131125221015.jpg


決してそこで諦めてしまった訳じゃない、と一応言い訳をしておきますが
あのゴールポストの乾いた「カン」という音を聞いた時、
ああ、今日はダメかもしれない、と思った自分がいました。
昨日の試合の流れからして、変えられる唯一のチャンスだと感じたから。
後半残り15分、正に必至の猛攻だった。
でも、どうしても点が入るイメージは沸かなかった。
脳裏に沸くその思いをこっちも必至で追いやって、ポジティブに
応援し続けた。
ロスタイムのビンのコーナーキック、そしてラストプレーで杉山が
上がってきたのを観て、こみ上げるものがあった。
そして直後に無常の笛。

IMG_1953_convert_20131125220931.jpg

あのポストに当たったビンのFKを振り返ると。
ビンの持つ強い気持ちが伝わってきました。
あそこでいきなり蹴ってあのボール。札幌の他の選手に
あそこまでの強い気持ちを持ってる者はいないと思う。
それでもそのFKが入らなかったのは、彼の技術云々を超えた所、
昨日の試合の流れ、そしてチームの一年の実力を反映した結果だった、
と私は何故か確信してしまってる。


試合前の雰囲気は、2011年最終戦を彷彿とさせる雰囲気がありました。
前エントリで「2011年の昇格争いに似ている」と散々書きましたし。
でも、やっぱりこの試合の意味として、あの時と明らかに違う二つのこと。
この試合に賭けるのがJ1なのか、その挑戦権の切符なのか、
そして一番違ったのが、勝っても相手次第なのか、勝てば勝ち取れるのか。


自分達が勝ちさえすればいい。
このシチュエーションで勝てるのは、相手に関わらず
真に力のあるものだけ、ってことを、昨日痛い程気づかされました。
札幌は千葉に勝った。神戸に勝った。岐阜には力の差を見せて勝った。
それでも、昨日の試合で置かれた境遇の方で結果を得ることの方が
もっと力が必要、ということでした。
野々村社長の言う通りで「悔しい」し、「勝ちたかった」。

でも、これまた野々村社長の言う通りで
「3月の時点で今の実力はトップチームには無かった」訳で
辛いシーズンの後に大幅な選手入替と若手抜擢があった中で
ここまで来れることを正直期待することなど出来なかった。


そんな中でこんな悔しさを感じれるシーズンの終え方が出来たことを
本当に選手達に感謝しなきゃいけないな、と思う訳です。
全ての選手にありがとう。
勝ちたいから、励ますだけじゃなく、スタジアムで、ブログで、
結構厳しい言葉も投げたかもしれない。申し訳無かった。
でも選手と同じで、やっぱ目の前の試合には全部勝ちたかったから。


そしてこんな強烈な悔しさこそが、札幌というチームの歴史にとって
足りなかったものだと思ってた。
降格の悔しさとは全く違う、手を伸ばして届かなかった時の悔しさ。
暫く悔しさを噛み締めた後には、それが得られたことの喜びがあった。


以前のエントリで書いたことがありますが、今J1に残り続けている
ライバル仙台は、毎年の様に昇格争いに絡んで、入れ替え戦での
悔しすぎる負けを経て、今年はACL出場にまで上り詰めた。
一方札幌はJ1昇格する年は厳しい闘いを勝ち抜いて昇格するけれど、
ダメな年はダメ。力があって昇格争いに絡めれば勝ち抜けるけど
全力で闘っても勝ち上がれなかった様な、悔しい経験を積む機会が
チームの歴史として無かった。
しかも昇格しても翌年にはすぐ降格し、チームがリセットされ、
継続性も無かった。


そんなチームがやっと今年、厳しい戦力で何とか昇格プレーオフに
絡んで、あと一歩のところでそれを逃した。
そして、来年は同じ監督、恐らくほぼ同じメンバーでこの悔しい思いを
胸に、もう一度チャレンジ出来るとすれば、札幌の長い歴史の中で
とっても大きな一年になったんじゃないかな、と思えるのです。


昨日の試合前、試合中の雰囲気は最高でした。
昨日のJ2で最高の動員を記録して、あんなコレオが出来て、会場全体の
手拍子でチームを鼓舞出来る、そんなクラブを応援してきたことを
改めて嬉しく思います。
決して常時動員の多いチームじゃないけど、いざという時はこういう力が出せる。
こんなJ2のチーム他にあるかってんだ!!


でも、これまた野々村社長の言う通り、
「もっと魅力のあるチームにならないと勝てない」ってことも分かった。
今年これだけで来たんだから、来年はもっと良くなる!!
なんてサッカーの世界では保障はないのは分かってる。
それでも、こんなに悔しくも来季に期待したくなるシーズンも素晴らしい。


試合後、誰よりも悔しそうだった野々村社長。
そして書いてきた通り、何よりもサポ目線なのが本当にありがたい。
サンクスウォーク、選手達を半分づつに分けて、時計周り・反時計周りで
それぞれ一周させたのを観て、HFCも野々村社長のお陰で大きく変わったな、
と思った。あんな細かいことにも配慮が行き届けていたのだから。
社長になってくれて、改めてありがとうございます。

IMG_1919_convert_20131125220838.jpg


何度もしつこい様ですが。
ほんと、とても悔しかったけど、とても良いシーズンだった!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/751-03f700e9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。