「ドーム17試合開催」に見える決意

2013年12月25日 22:00

メリークリスマス!


ということで、久々のブログ更新でございます。

弊社12月決算ということもあり、色々多忙で
先日の小野伸二祭りには参加しそびれました。

一応クリスマスイブのサポへのノノサンタからのプレゼントは
菊岡の加入発表であり、本日も連日のプレゼントを期待してたのに、
オフィシャルからあったのは純貴のタイへのレンタル発表だった。



でもね、純貴も子供生まれたばかりでタイ行きとは何とも辛い決断
ではあるけれど、現状では来期十分な出番があるとは正直考えにくい
状況について、プロとして冷静に見つめて自ずから厳しい道を選択した
彼にはこれまで以上に期待出来るし、今後何があってもずっと応援するぞ!
とこっちも思いましたね。奥さんは寂しいだろうけど。。。
そして退団となった三上は富山、ヒッキーは愛媛に決定。
甘くはないと思うけど、二人とも十分レギュラーを狙えると思うし
来期は二人の所属チームの試合も注目したいな。


菊岡の加入は1週間ほど前より確定情報となっていたが、やっと出て安心。
ただネット上ではどうやら期待してたボランチの役割では案外厳しい様な
書き込みが多く、懸案となる序盤のボランチ不足をどうしのぐか?
ただ適格にパスの捌ける選手は現状上里くらいだったので、1列前で出れば
裏抜け得意なウッチーや荒野との相性を考えると今からワクワク出来る。


さて、あとの去就はビンと小野くらいか。
もしかすると、ビンの交渉には若手レンタルも条件に入ってる可能性もあり
誰がが抜けるかもしれず、そうであればそれが誰なのか?も気になる。
まあそれはそれで成り行きで良いかと思う。先を見据えれば良い経験になるし。
ビンは年内決着是非して欲しい。来期も戦力としても、札幌の未来を考えても
残留を期待したい。小野については別に違約金がかかるならば5月以降の加入でも
良いかと思う。その時点でウチがどういう状況か、にもよるけど。
しかしはるか過去のライバルではあるが、浦和のレジェンドが札幌に入るかも、
なんてニュースは正にノノマジックだと思う。


さてさて、先週早々にシーチケを申込みました。
正直クラブコンサ会費合算とドーム試合増加の影響で割高感は否めず
申込みを躊躇してました。が、小野のニュースを見たその日、あっさり
申込んでましたww


まあ小野が取れるかどうかは分からないけれど、戦力としては勿論、
集客力としても圧倒的な力を持つ選手であり(ある意味ゴンさんの数倍あると思う)
ドームを17試合とするからにはやれることは全部やる、というノノ社長の決意を感じ
すぐにシーチケ申込みを決めました。そっちがその気なら、こっちも協力しよう、と。
(シーチケは例年1月に手続きとってたのですが、収入の無い時期のHFCの
運転資金である訳で、手続きを取るのは少しでも早い方が良いって事も今回気づいた)


ドームの使用料問題は依然残っている中、それでもドーム試合数を増やすのは
今期の終盤戦で改めて分かった通り、札幌の集客ポテンシャルが発揮されれば、
年間動員数はJ2は勿論、J1を含めても中位以上を達成することは可能だし、
そうなればスポンサーアピールも今以上に可能となる。
そうなれば結果としてノノ社長がいつも言っている「J1残留出来る強化費」
の永続的な維持も可能になってくると思う。
それを目指す決意の第一歩が、今回のドーム試合数増なんだ、ということが
小野のニュースの一件で浮かんできた気がするのです。


ちなみにドーム使用料の件では、最近見たサッカー批評の記事
ウチも取り組んだらどうなんだろ?という非営利法人を活用した
他クラブの面白い事例がありました。
実際には札幌の場合どうなんでしょうかね?検討したこともあるのか?
気になるところです。


あ、最後に。HFCの今期黒字決算決定、おめでとうございます!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/755-457d9eab
    この記事へのトラックバック


    最近の記事