決戦の土曜日

2005年10月22日 00:05

今週末も高崎を出れず。

よってダービーも山形戦も情報遮断の上、TV観戦となります。
どちらも大事な一戦。
東京はもちろんのこと「ベルディだけには負けられない」けれど、そのベルディさんはそれ以前に
「絶対に負けられない戦いがそこにはある」
(テロ朝さま、こういう試合にそのフレーズは使うのよ?ウンコみたいな代表戦ばかり放送してないで、よっぽど大事なJの試合を中継しなさいよ!)わけで。
でも、今回ばかりは「いいひと」東京に落ち着いて「あ~あ」っていうのはいい加減許されないと思います。
前節は東京らしい「いい試合」でした。引き分けでも、久々に満足できました。
でも、今節に限っては「いい試合」はいらないかな?



ヤンツーが来年1年「は」残ってくれることが決まった札幌。
でも今年入替戦に絡んで(昇格するかしないかは別として)、来年ヤンツー3年目を迎えるのと、そうでないのは、ヤンツーにとっても全く臨み方が違ってくると思います。
個人的には4年目、というのも(金の無い札幌にとっては、なかなか手放せる指導者じゃないですよ、ヤンツーは。無論、全肯定ではないけど)是非とも希望したい、と思ってますので、そういう意味でもチームとファンが一丸となって何としてでも昇格争いに残りたいところです。その為に私にとっての「マルの椎茸」くらい「食えない相手」であり、天敵である山形との直接対決はまさしく札幌にとっての今年一番の「決戦」とも言えます。


早くも年末モードの仕事とプレッシャーでキツキツの私を、是非とも癒す結果を、ちゃんと「念」を送りながら待ちたいと思う週末でございます。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/76-c927cd67
    この記事へのトラックバック


    最近の記事