スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痒いところに手が届く

2014年02月12日 22:31

昨日は大通りの雪祭りに行ってきました。
子供にせがまれ、2年連続です。
地下鉄で西11丁目に行き、1時間程度ですがさーっと見ました。
市民雪像?の滝川クリステルがちょっと衝撃的でした。


ソチはここまで中々メダルが取れませんでしたが、ハーフパイプで
15歳と17歳がやってくれました。平野選手・平岡選手おめでとう!
沙羅ちゃんは残念ながら4位でした。
沙羅ちゃんに関しては、誰もがW杯の実績から金を確実視してましたが
この子だってまだ17歳。国民の期待を背負わせること自体がやはり
間違ってた気がします。
まだまだ長い競技人生にこの経験を活かして貰えれば良いと思います。
しかし、ジャンプ競技は過去より日本人が活躍すればするほど
競技規則が日本人に不利になるように改変されてきた歴史があり、
強すぎるが故、体の小さい彼女にも同じ様な理不尽が課されないかを
心配してるのですが、どうなんでしょう。


さて、野々村社長以後様々な新しい試みに取り組んできたHFCですが
昨日あったサポミの内容の一つが早速道新の記事となっておりました。
明光義塾と提携し道内全域でのスポーツスクール事業を行う為
非営利法人を立ち上げ、道内公共施設の利用等の面でメリットを
活かすとのこと。


この件については当ブログにおいても、昨年末ドーム使用料問題の件で、
非営利法人を活用した事例に関する、サッカー批評の記事を紹介するエントリ
で参考にすべきと思ってましたが、流石社長。既に動き出していたんですね。
ただ、ドーム使用料問題については札幌市から補助金として3000~4000万円を
引き出す交渉をしている様で、非営利法人が試合の運営会社になるスキームを
使うわけでは無い様です。いずれにしても、チームにとってはメリットの
大きい取組ですね。育成でTOTOの助成金も受けられるし。
他競技では道内ウインタースポーツのバックアップも視野にいれており
その発表がソチ五輪中にメディア発表されるなんて、タイミングも最高かと。


Jでは湘南がフットサルやビーチスポール、女子サッカーやバレーボール等の
他競技を運営するチームもあります。北海道唯一のチームであるコンサも何か
出来ればよいのに、と思いつつ、サッカー単体でさえ経営が厳しい中で
他競技も抱えるのは、とも思ってたので今回の発想には目から鱗。
しかも北海道らしくウインタースポーツに着眼するなんて素晴らしすぎる。
もし上手く行けば将来ハム推しの某HTB辺りでも、どうでも良いキャンプの話題
より先に、何度もコンサの名前を取り上げざるを得ないのでは?と想像するw
提携先の明光義塾は12年にクラッキとサッカースクール委託事業で既に提携
しており、この辺もソツが無い。


何ていうか、もうウチの社長はチームにとって良いと思ったことを
実行に移すのが早すぎて、痒いところがあればこちらが言う前に
さっと手を伸ばしてくれる感じは本当に気持ちが良い。
一方できないことはできないと正直に言ってくれるから潔い。
それにしても、今季ここまで色んなプロジェクトや試みの発表が
ありましたし、現在も同時進行で抱えているプロジェクトは相当多い筈。
この調子で社長業やってたら多忙過ぎで、本当に体だけが心配です。
くれぐれも御自愛下さいね。


その一方。
体が心配繋がりで言えば、好調そうだったキャンプで怪我人続出。
いったい毎年どうなってんの?
沖縄キャンプ終了時には「昨年とは大違い」って言ってたじゃない?
確かに、昨年は夏場以降も試合終盤のスタミナ落ちが無くなってきており
数年かけてやっと体力面のベースが上がってきたと実感はしたけれど
何年経っても主力選手にこれだけ離脱者の多いのは何故?
その為のセウソさん獲得なんだろうけど、根本的に改善すべきは何か?
フィジコの問題なのか?
試合後のケアの問題なのか?
選手の意識の問題なのか?

どうにかしてくれ~
スポンサーサイト


コメント

  1. くー@コンサ隊 | URL | -

    Re:痒いところに手が届く

    スクールの組織変革をするという話は聞いていたのですが、そこに明光義塾が絡んで来て、ああ、クラッキ関連でのの社長が動いたな!と改めてその着眼点と動きの早さに感嘆していました。(クラッキは昨年秋、本社を発寒に移しちゃいましたし)
    サポミで、「やめろといわれるまで社長をする」と言ってくれたようですので、あとは、本当に体だけが心配です。。

  2. たかおー | URL | -

    コメント&情報ありがとうございます!
    クラッキ本社移転してたのは知りませんでした。しかも「やめろと言われるまでやる」なんて言ってたとは。。。
    正直、社長はいずれJ の幹部になりたいんじゃないか、と勝手に思ってて。だから彼が社長をやってくれてるウチに色んな改革を進めていくべき、と言う文でこのエントリーも締めようと考えてた位で。
    まあ将来はわからないけれど、ノノさんが社長になってくれて本当に良かった、と改めて思いますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/763-eec51f91
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。