2試合で勝ち点4

2014年03月10日 22:18

2014 J2リーグ戦 第2節
札幌 1 - 1 山形 札幌ドーム/16,064人
得点 札幌;20' 前田
   山形;39' ディエゴ



IMG_2312_convert_20140310220443.jpg
(左サイドの凸凹コンビ)


いつものことながら、勝てなかった試合の帰路はモンモンとして
その日一日は寝るまでずっとモヤモヤする。
「負けたけど仕方ない」「今日は引き分けで十分」
等と思ったことは一度もない、と思う。
それでも大抵の場合翌日になると、少し落ち着いて考えられる。
だから、試合のレビューエントリを書くのは翌日が適している。


という訳で、13年ぶりの開幕連勝に期待したけれど、2試合で
勝ち点4はまずまずだ、と思う。但し、この後数試合の結果が
どうなるか、でこの試合の勝ち点1の意味が違ってくるのだろう。
因みに審判は中々偏ったジャッジでしたが、私の考え方としては
審判が原因で負ける試合は基本的に無い、と思ってるので
この結果自体は妥当と思います。
審判にゲームが壊されることはあるけどね。


山形は良く仕上がってましたね。前節も良い試合でしたし。
何でウチの監督の時やってくれなかったんでしょうかw
プレスが早くしっかりパスを回せる厄介なチームでした。
前半も押され気味でしたが、後半選手交代してからは一方的で、
特に左の石川投入がきいてて、ウチの右にぽっかり空いたスペースを
グングンドリブルで突かれました。勝ちこされなくてラッキー。

IMG_2346_convert_20140310220611.jpg

ウチはディエゴと萬代へのロングボールやクサビをCBが抑えられず
デリケートになった上、フィフティのセカンドボールをほぼ山形が
制圧していた。それ故ラインが下がってしまい長い時間押し込まれた。
若いCBコンビの負担を軽くする為、せめてセカンドボールが拾えれば
と思うのだが、そのキーマンとなる河合の出来が攻守に渡り悪かった。
35歳にもなるのだから、もう少しコンディション万全で臨ませたい所。
一方36歳のスナは前節同様キッレキレでもう感心するしかない。

IMG_2330_convert_20140310220528.jpg


ポゼッションは出来なかったが、随所にカウンター中心で良い連携は
みせてくれた。得点シーンはスローから上原とのワンツーで中に入った
菊岡が見事な前俊へのスルーパス。これぞ菊岡、ってなプレー。
但し菊岡はもう少し守備で頑張って欲しいところ。
前俊は見事な裏抜け。プレーの幅が広がった様な。


前節大絶賛だった金山は正直次第点は上げられない出来。
金山のキックがラインを割る度、ざわめきでよく聞き取れないながら
「・・・ボソボソ・・・杉山・・・」と周囲の席前後あちこちから
聞こえてたのは内緒だww
しかし、杉山も去年一年で随分な印象を持たれたもんだwww
キックミスもそうなのだが、セットプレーの飛び出し判断も随分
危なかった。これは長崎でもそうだったようだが。
まあ、前節の出来が良すぎたのは理解してるので。

IMG_2351_convert_20140310220658.jpg


気になるのは途中投入した3名が正直効果的ではなかったこと。
特にスナが下がると攻撃の組み立てが成り立たなかった。
こういう試合でこそ、フェホは劇薬になるなぁ、と実感。
だからこその都倉獲得なのだろう。
荒野は動きのキレはあるので、先発で見たいところ。
工藤は去年もそうだったが、味方との連携に進歩が無いなぁ。


次節は連勝の好調湘南と。難敵ではありますが何とか勝ち点を
奪って、ホーム北九州戦では勝利を見せてほしいところ。


最後に、昨日は諸事情で試合開始30分前に南ゲートにつくと
何と長蛇の列!入場まで15分かかり、「今日は3万位入るのか?」
と思いきや。結構列で並んでる人をみると招待券を握りしめる方も
多く、昨年の最終戦でも苦言を呈したが、動員の見込める試合では
ゲート解放を増やすべきだ。
どれだけコスト増になるのかは分からないけど、あれでは折角来て
くれた一見の新規層がうんざりしてしまう。
聞くところによるとそのせいで高橋陽一先生のトークショーを
見逃した方もいるとか。
他では色々なことが改善されてきていることは理解しているが、
この点は早急に改善されたし。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/767-13d60d30
    この記事へのトラックバック


    最近の記事