スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BULLET FOR MY VALENTINE 「THE POISON 」

2005年10月22日 00:32

the_poison.jpg



久々に先週末、衝動買い(なにせ、小遣い少ないもんで)しますた。
最近「BURRN!!」誌も買わなくなり、HR/HM界には大変うとくなりましたが、視聴コーナーで聞いて即買いしてしまった!!


もともとコア系も割りと好きなのですが、どうしてもディストーションボイスと曲の構成が単調な場合が多くって、アルバム一枚飽きずに聞けるケースは少なかったんですが(ARCH ENEMYなんかも初めはリフやリードの多彩さがいいなーとは思うんだけれども)、これはご飯3杯くらいいけちゃう!!


確かにちょっとリフやツインリードリフが「どっかで聞いたような」だったり、結構リフやフックのアイデアを「積み込めるだけ積み込んでみました」的なところ(これはファーストアルバムだからしょうがないのである)、あとギターソロがちょっとつまらんとか、惜しい部分も多いけれど、そんな要素を吹き飛ばすに十分なくらいの、一枚通して全く落ちない勢いと、単純に曲の良さ。
しかも強烈なフックがあるので、単調にならずちゃんと曲の輪郭が印象に残るコア系のアルバムは久々で(CARCASSの「HEARTWORKS」以来かも)、私的にはちょっと感動モンでした。


ディストーションボイスとクリーンボイスをツインボーカルで対応しているバンドは多いけれども、恐らくこれって一人でやっているんでしょう?その陰から陽へ、そしてまた陰へという流れるようなボーカルコントロールは聞いてて結構楽しいし、爽快。
ただまあ、キメの部分をちょっとデス声に頼りすぎかな、っつう感じもして、もうちょっとクリーンボイスを聞きたいような。


リフについてはIRON MAIDENとMETALLICAの影響バリバリ。自らもブリティッシュヘビーメタルの継承者になりたがっているみたいだし、ニコマクブレインからもそんなこと言われたとか。素敵だ!


とにかく捨て曲無し。
一番印象に残っているのは「CRIES IN VAIN」。この曲を12曲目に入れるなんざ、ポテンシャルの高さを伺いしれるじゃありませんか。


最近はパンクづいてたし、ヒップホップとかソフトなロックに落ち着いていたけれど、やっぱり私はコアなHMが好きなんだな、と久々に思い出させてくれた一枚でした。


ああ、またバンドやりたい・・・



スポンサーサイト


コメント

  1. motoriclue21 | URL | -

    Bullet For My Valentine最高ですよね!
    明日ライブ行くんで楽しみです^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/77-1c00f45a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。