昨日ウチは「すごくフットボールをしてた」のか?

2014年04月21日 22:15

__+2_convert_20140421222342.jpg



2014 J2リーグ戦 第8節
札幌 1 - 0 群馬 札幌ドーム/8,536人
得点 札幌;64' 前田
   群馬;



昨日も3人子連れ参戦。
勝ったのにあんまりすっきりしない感じで帰路につき、
帰宅後いつもの様に風呂に入りながらTwitterや2chで皆の
コメントを眺めているとまあ皆さん同様の印象だった様で。
それでも順位は上がったし勝ち点は2位長崎まで2差。
4勝2分2敗。ホームでは負けなし3連勝。
開幕前に書いた通りスタートダッシュと無縁だったここ10数年を
考えれば、上出来ではある。


ただ内村不在後、前線からプレッシングするチームとの対戦続き。
ボールが回し辛くなった際に前線スペースへのロングボールという
オプションが無くなってしまったことで、2CBとボランチが配球に
苦慮し、やりたいサッカーが殆ど出来ていないのは気がかりである。
長いボールで都倉のポストプレーを期待しても、苦し紛れのボールで
意図的ではない為ポストを受けるフォローが無くボールロスト。
故にDF・MF・FWの動きがちぐはぐな為セカンドボールはほぼ
群馬に支配されていた。

そんな押された試合の中、守備で抜群の安定感を誇るのがホスン。
クロスに対する飛び出しは勿論、昨年あれだけ悩ましかった
DFラインとGKの間に落としてくるボールに対し、一度思い切って
飛び出してからスクリーンしてペナ内に戻してキャッチするという
高度な技術でCBのフォローをした場面が2-3度は少なくともあった。
これも金山との高度な先発争いのおかげなんだろう。


前俊の得点場面。パウロンのクリアを群馬DFが反応ミス。
入れ替わった前俊が相手DF1人と並走しながらペナに侵入、
その動きは他の選手と比べて正直スピード感があまりなかった。
帰宅後スカパーでチェックすると、一度左を追い越してくる
菊岡を首を振ってしっかりチェックしている。
ウッチーなら、あれ程のチャンスであればハナから自分で決める
つもりで並走するDFとGKをどうかわすかをまず考えるであろう。
彼は自分で決める意識があまり無いのか、それともただ余裕からなのか?
時間をかけたせいで結構シュートコースが限られてしまったのに
珍しい右足シュートでしっかり決めた。
いずれにせよ前俊らしいプレーだったなぁと。


さて、群馬は平繁不在ながらも中々良いチームでした。
元群馬県民として、創世期を現地で見守ってきた身としては今の
チームの財政難等の苦境は思うところもあります。
しかし当時草津でプレーしてた秋葉が監督となっており、典型的な
新興クラブと思ってた彼等も着実に歴史を積み重ねてきたんだな、
という印象を受けました。

その秋葉監督が、会見で何だかやたらと
「フットボール!」「フットボール!」と連呼し興奮している
ようでしたが
何事なんでしょう・・・ww
「札幌さんはすごくフットボールしてくれるので」
いやいや、群馬さんのプレスがきつくてウチは全然
「フットボール」出来てなかったつもりなんだけどね。。。
このコメントではJ2はリアクションサッカーや守備ベースの
チームが多いことを言いたかったのかな?と思いますが、
「観ている方は楽しかったんじゃないでしょうか」という
コメントの方に関しては、冒頭に書いた通り少なくとも
ホーム札幌のファンの多くはそうでないだろう、と冷静に
考えれば分かると思うので、少し興奮しちゃってるのかなぁ、
と感じた次第。


まあ中々の熱血漢ぶり?で興味深く、サッカーに熱い人なんだな、
と初めて知りました。


こないだのパドゥ監督といい、秋葉監督といい
今年は試合後の監督会見をもっとチェックしようかな。
あ、ソリマチンのは違う意味でチェックする必要あるけどw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/777-9c668aa4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事