許したいミスと許したくないミス

2014年04月28日 21:37

2014 J2リーグ戦 第9節
岡山 2 - 0 札幌 カンスタ/6,381人
得点 岡山:49' 上田、85' 島田
   札幌;


週末唯一のグッドニュースは「天一6月に札幌出店」のみ(あいさつ)。


ウッチー離脱後は正直ストレスの溜まる試合が続いてます。。
全体的に攻撃の停滞感があるのが最大の問題点なのですが、
試合を決めてしまった二つのミスについて思ったことを。


一つは失点シーンのホスンのミス。
前節のパウロン並のボーンヘッドだが、今回に関しては責めたくない。
磐田戦の金山しかり、今年はGKからの繋ぎをしっかりやるという、
去年からワンランク上のサッカーを目指してる(と思ってる)中で
あのワンプレーだけで臆病になってはならない、と思うから。
あのプレーを観て、広島の林が名古屋戦開始4分で同じ様なミスで
ケネディにかっさらわれてゴールを許した試合を思い出した。
でもその後も林は変わることなくしっかり繋いでビルドアップを続け
試合は5-2で勝利した。彼は西川の跡釜として今年から広島のスタイルに
必死にアジャストしようとしていて、札幌としては色々な思いのある
選手だが、素直にあの試合での彼の姿は素晴らしかった。
ホスンも(勿論金山も)同様、チャレンジを続けて欲しい。


一方もう一つのミスである松本のイエロー2枚退場については
正直な気持ちとして許しがたい。
1枚目のイエローのファールの仕方で「これは2枚目あるかも」
と思った方も多いのではないだろうか?
確かにいずれのシーンも突破されると危険な場面ではあった。
が、いずれも左サイドタッチラインにほど近い位置。
突破されても後ろのフォローで如何様にも挽回出来る筈なのに
何故2度共ああいうプレーをしてしまったのか。
更に言えば1枚目のイエロー後、前半もっと浅い位置で同じ様な
ファールをしており、その時点で一枚貰ってる選手のプレーとしては
軽率すぎる、と感じていた。同じミスを1試合で3回繰り返しては
プロ失格と言っても言い過ぎではない。


松本は守備に非常にムラのある選手という印象がある。
磐田戦の様に1試合通じて集中できる試合がある一方、
こういう不出来の試合が散見される。
上原も守備面では同レベルだが、攻撃のオプションが多い分彼が
レギュラーを張っている。
折角チャンスを貰ってるのに、本職のサイドバックの経験が長い
松本がそういうプレーをしていてどうするんだよ!
と腹が立って仕方なかった。
1試合猛省して、もう一度レギュラー奪取出来る様なプレーを見せて
くれることを期待してるから。


さて。
モヤがかかっている様な印象の攻撃面はどうしたもんですかね・・・
ボールの運び方については左程悪くはないのですが、最後の決定機を作る
オプションが無い印象。良いキッカーと高さある二人がいるのだから、
セットプレーももう少し可能性があっても良いのだけれど。
じれる展開を打破する様な古田のドリブルに期待したのだけれど、
2012年辺りのキレを取り戻すにもう少し時間がかかるかな。
こういう時はラッキーボーイが出てくるとスコーンとモヤが晴れたり
するんだけどな。誰だろう?翔太とか適任だけど。
1試合休んだ謙伍はどうかね?まあ、誰でも良いから!!


明日はもうベルディ戦とか。
前節まで珍しくホーム皆勤賞だったけれど、明日は子供の友達家族と
恒例のBBQ、その後東京の両親がGW中遊びに来る為6日も恐らく
参戦出来そうになく心苦しいのだが、ここを踏ん張れないと
去年と同じ。チームが変われないと思う。
選手・スタッフ・明日ドーム行かれる方、宜しくお願い致します!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/779-4bee7c52
    この記事へのトラックバック


    最近の記事