大久保の様な、勇気と信念を

2014年05月13日 21:55

2014 J2リーグ戦 第13節
札幌 0 - 1 愛媛 札幌ドーム/6,646人
得点 札幌;
愛媛;20' 藤



昨日は2時のブラジルW杯代表選手発表で大久保が無事選ばれ
ホッとし、細貝の落選に驚きつつ、6月の戦いに期待を寄せて
高揚した気分でドームに向かいました。
それに過去経験のない月曜にサッカーを観るという不思議な感じと、
上里への温かいコールに感動してかなりの期待感に満ちていました。


それなのに久々に試合終了を待たず席を立ちました。
正直、終盤のウチのサッカーは観るに堪えられない代物でした。
私がサッカーで一番観たくない「勇気に欠けるプレー」で
溢れていたから。

J'sgoalによれば財前監督の会見でこういうやり取りが。
Q:次節に向けて、新たに考えていることは何かあるか。
「もう少し、前にボールを入れるときに、怖がってなのか
大事にしすぎなのか、横パスやバックパスになっている場面
があるので(中略)その辺も含めてやっていきたいと思います」

これ、別に昨日の試合に限られたことじゃないですよね?
ここ毎試合こんなシーン観てますよね?今更言うことか?


昨日は愛媛の5バック+ボランチ2枚でゴール前にブロックが
作られていて、前の2-3人のフォアチェックが他チーム同様
変わらず厳しかった。それに対しCBは兎も角、ボランチの二人が
勇気を持って縦に入れる回数が少なかった。いや、前で受ける二人が
そこに入り込む回数が絶対的に少ない。それではサイドに運んでも
愛媛は正規のポジションでWB・ボランチ・CBが待ち構えている。

本来ウチが得意とする両SBが高く張りスペースに走りこむ形は
真ん中を使いマークを寄せる作業が必要で、それが無ければ
両サイドにボールが行ったり来たりするだけ。終盤石井ちゃんが
疲れ切った足腰で1対1を何度も仕掛け何度もボールロストしたが、
そういう無理な勝負は蛮勇と言う。臆病でいることより愚かだ。


負けていて焦る札幌の選手達は主体的にやれることがなくなり、
前線に2-3枚程度入り込んだ多勢に無勢の状態を承知で放りこみ、
偶然に頼るサッカーをするのが関の山。
こんなの決定力不足でも勝利の女神に見放されているのでも
何でもない。勇気を持って崩しのプレーに挑んでないから。
そのベースを作る財前監督のトレーニングに問題があるのも明らか。


又後半序盤で奈良さんの足が攣ってた。これは奈良さんの体力の
問題ではなく、前線のプレスが緩すぎてCBの負担が大きい為だ。
相手のフィードへのプレスやパスのコースを切ることも少なく、
当然中盤のプレスも十分機能することが無かった。
前俊を使う以上、彼がさぼるのは仕方ない。彼を軸に使い
序盤上手く行ってたのはウッチーと石井ちゃんが献身的なプレスを
していたから。それなのに昨日の前線は宮澤・スナ・菊岡。
これも明らかに財前監督の失策。


代表選手発表で世間が盛り上がっている裏(別に裏じゃないけど)
でこんなクソ試合を多くもない観客に見せてるなんて恥ずかしい・
札幌の選手にもブラジルW杯への道は一応開かれていたんだし、
あくまで「北海道から世界へ」って言うのなら、チームでそこを
目指してるんじゃないの?


正直大久保のことは好きじゃなかったけど、結果を出すことに
2年間拘り続けた。その信念と勇気溢れるプレーで大好きになった。
無事に選ばれて良かった。彼の好調ぶりを前回大会の石川直に
重ね合わせて、彼が怪我さえしなければ南アでどうなっていたか?
と思っていたので。
(サカダイWebの大久保に関するこの記事は必見です)


札幌に彼の様に勇気を持ってプレーできる選手はいるのか?
財前監督は彼の様に信念持ってポゼッションスタイルを貫けるのか?


我々は失望はしても応援は辞めない(つもり)。
ただ前述の通り今の事態は自らがもたらした結果だと言うことを
改めて選手・スタッフは良く認識して欲しい。
そして試合でまた彼等の信念と勇気がうかがえる時を待ちたい。
スポンサーサイト


コメント

  1. くー@コンサ隊 | URL | -

    Re:大久保の様な、勇気と信念を

    読ませてもらいました。
    いつも、私の中でモヤモヤと渦巻いていることを的確に表現してくれるたかおーさんですが、今回もまた。。でございます。
    数年前の悪夢が頭の中にちらついて、不安なダークな気分に陥りそうなのを、なんとかこらえている状況です。
    「できるはず」と思い切れないのが、なんとも…辛いです。。。

  2. たかおー | URL | -

    くーさん
    いつもコメントありがとうございます。
    仰る通り、正直もっとネガティブなエントリになりそうになるとこを何とかこの程度の文調にくいとどめている様な状態です。
    こんな状況で伸二を迎えたくないなあ…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/782-a3a8332f
この記事へのトラックバック


最近の記事