監督の迷い

2014年05月19日 23:06

2014 J2リーグ戦 第14節
千葉 2 - 0 札幌 フクアリ/9,480人
得点 千葉;34' 井出、73' ケンペス
    札幌;


週末は悪天候でしたので、久々にTVで4試合もサッカー観戦。


土曜日まずは浦和×セレッソ。浦和が1-0勝ちで暫定首位。
ペトロビッチ体制3年目でやっと本来の実力通りの強さを
取り戻した感がある。一方で豪華なメンバーで助っ人頼りの
クソサッカーをやるのこそ浦和らしさだと思ってるのでw
こういう理に適ったスタイルで結果を出しつつあるのは
何だかなーと思うところはありますがw、このサッカーで
もっとも替えが利かない選手は柏木と阿部だな、と感じました。


対するポポセレッソはなんとまあ何も出来ませんでしたね。
ACLも戦いつつで苦しいところではありますが。去年は柿谷
完全覚醒で勢いに乗りましたが、今年は南野に勢いある分
柿谷が凹んでしまっては、流石のフォルランも局面をスーパーな
プレーで打開することは出来ても、それ以上は難しい。
柿谷が不調なのはポポヴィッチによるところがある気も。

次に東京×ガンバは3-0で東京が久々に快勝。
東京は開始早々のハードプレスからの怒涛の2得点で逃げ切り。
正直そのゲームプラン?がハマらなければ内容的にはガンバの
ゲームになってた気も。この試合に限らず、ここまで観てきた
フィッカデンティのサッカーはイタリア監督らしくチームに
確固たるスタイルを築くというより、ゲームの流れと局面を
拘るスタイルなのかな、と。果たして城福→ポポと繋いできた
スタイルと融合して、一皮向けきれない東京が正当な進化を
遂げられるのかどうか。


日曜日は朝からバルサ×アトレティコ。1-1ドローでアトレティコが
優勝。9年ぶりに2強以外がリーガを制した。
前半大エースのジエゴコスタとトゥランがまさかの負傷交代し、
サンチェスの凄まじいスーパーゴールでバルサが先制した時点では
まさかのバルサ大逆転優勝のトーンだった。が、今期のアトレティコ
にはシメオネが築いた確固たる信念のスタイルあり、選手達は
そこからそれを思い出したようにプレーが激しくなった。


特にハーフタイム後はそれが顕著で、球際でのフィジカルコンタクトを
制してバルサのスタイルを封じ、徐々に追い詰めて必然的に追いついた。
シメオネはHTのロッカールームで「お前らは1点とることになる」
と選手に言ったそうだ。かっこよすぎるw
リーガ2強との資金差をものともしない今期のアトレティコのサッカーは
素晴らしかった。CL決勝もマドリーダービーを制して欲しい。
一方バルサはペップサイクルの終焉と、流石のメッシの疲弊と
バルデスとプジョルの退団という流れで凹む年だった中、2位で
終わったのはある意味上出来だったのかも。


ここまで観た3試合では、特に勝利チームには徹底したスタイルや
戦術と狙いがあり、ある一定の選手レベルがあれば勝敗は監督に
よるところが大きい印象を受けました。サッカーは番狂わせが起こり
やすいスポーツである一方、この3試合での勝利チームは正当な勝利
を得ているな、という印象でした。


そして4試合目、千葉×札幌についてですが。
この試合しかり、今の札幌にここで言う正当な勝利を得る資格は
正直ない、と思います。勝てるとしたら何かアクシデントが必要。


財前監督の選手起用は去年から成功と失敗の両面あったので
結果論ではあまり言いたくないのですが、何故怪我明けの上原を
いきなり先発なのか?その上何故前節長期離脱から復帰したばかり
の上里も先発なのか?更に言えば途中出場とは言え、
先週の練習試合にも出てないウッチーをこの試合で使ったのは
彼が昨年来言ってきた「コンディションの良い選手を使う」の
言葉通りに判断した結果からなのか?


それから宮澤の右SH起用に至っては意味が分かりません
(ボランチの位置に下がってのプレーが多かったですが)。
河合はここ数試合パス出しのタイミングが遅すぎて彼のところで
完全にノッキングしており、昨年来やってきたチームのスタイルを
取り戻せない要因の一つになっている。頭のプレースピードが
鈍っていると思われ、こういう時は外から観させて調整する時間も
必要に思うのですが、それでも彼を外せないのは何故なのか?


昨年と違い2年目の財前監督には迷いがありますね。
監督が迷っていては選手は実力を発揮出来ません。
今日の記事で野々村社長から「監督を育てる」ミッションについて
言及がありました。それもその通りだし、確かに金銭的余裕もないし。
でもここから自信を取り戻すのは、結構時間がかかりそうですよ?
今期の目標未達は覚悟しなきゃいけないかも、ね。
そうなると動員面はある程度犠牲を覚悟
→今度はFFP対策への不安も。

頭が痛いなぁ。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/783-6bc6f866
    この記事へのトラックバック


    最近の記事