まだ何も終わっちゃいない

2014年06月20日 23:10

2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL
グループC 第二戦 エスタジオ ダス ドゥナス
日本 0-0 ギリシャ
得点 日本;
    ギリシャ;


コートジボアール戦のエントリで
「8年前とは違う日本代表がみたい」
と書いたのがフラグになってしまったかのように、
ますます同じような展開に近づいてしまった。


何やら早くも今回の代表の総括を始めそうな勢いのメディアも
あるようだが、冗談じゃない。
まだ何も終わっちゃいないし始まってもいない。
次のコロンビア戦に勝負をかけるのみ。
本田が言っていた通り、こういう短期決戦において批判は
全て終わってからでも十分間に合うんだから。


あれだけJで決めまくって自信満々の大久保ですら、あの
シュートを決められないのだからワールドカップという舞台は
物凄いプレッシャーなんだな、というのは改めて分かった。
初戦でそのプレッシャーからバランスを崩し先発を外れた香川は
少し以前のフォームを取り戻した様に思える。
コロンビア戦では先発復帰してまず点をとって欲しいな。


今野の2大会通じて初の先発出場には、色んな思いが巡り嬉しかった。
内田の1試合通じての攻守での全力プレー、踏ん張りは観ていて
熱くなった。
選手達は4年間で築いた日本のサッカーを表現しようと頑張った。
が、それでも結果が出なかったのは残念だった。
次節こそ、彼らがやり切った上で相応の結果を得てほしいと思う。


一つだけ不満に感じたことを言うとすれば。
前半でギリシャに退場者が出てしまったことで、より難しい
ゲームになったのはザッケローニ監督にとっても想定外だった
とは思うが、10人になる前からギリシャのカウンターは左程
怖さが無かったのを考えると、遠藤はやはり先発で出すべき
だった、と思う。これを結果論とは思わない。
何しろ勝たなければならない試合なのだから。


しかしギリシャは負ければ終わりなのに、極めて消極的なサッカー
をしてきた。正直個人的にはクソ、とも思うのだけれど、彼らは
彼らで信念持ってあのスタイルを伝統的に続けているのだな、
とも一方では理解する。
その代りここまでやっといてコートジボアール戦負けたら許さねーw

この試合についてリネカーやらシアラー、ファーディナンドが
BBCでボロクソに言ってた様で、まあ気持ちは理解できないことも
ないが、うるせーほっとけ、と言いたい。
あんたらヨーロッパの人間はギリシャと試合したらこういう試合に
なるって、嫌程知ってるだろうに。
日本以上に厳しい状況の自国のことについて語るべきでは?

悔しいな、ちくしょう。
もうこうなったらコロンビアに勝つしかないよ。ほんと。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/793-fb40d9d3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事