ブラジルW杯 ここまでを振り返り

2014年06月30日 22:45

土曜日厚別には行きました(あいさつ)。


さて、ワールドカップもグループリーグが終了し
既にラウンド16も4試合が終わってます。
正直日本代表の試合がモヤモヤした感じだったこともあり、
日本代表戦以外はほぼ全試合録画観戦の上HDDにまだまだ
溜まってます。

そんな中でグループリーグまでの全体の印象としては
アメリカ大陸勢強し、欧州勢波乱、アジア勢とても弱し、
アフリカ勢相変わらずwwという感じですかね?


日本が事前試合で勝ったコスタリカがグループD首位通過
ってのは、誰も予想してなかった波乱。
グループDは初戦イングランドvsイタリアに勝った方が
勝ち上がり、結果イタリアが勝ったのでウルグアイと最終戦で
首位通過争いだろうと予想してたのに、なんと両チーム共敗退w
ただ、仮にイタリアとイングランドは勝ち上がれたとしても、
正直次に進める程の力は無かったかな。

大会序盤の波乱と言えば、なんといってもスペイン1-4オランダ。
5-3-2で弱点の守備をカバーしたフィジカルの強いプレスからの
リアクションサッカーに徹したファンハールしてやったり、
ではありますが、次のチリにも同様のスタイルで翻弄されたことが
物語る様に、スペイン代表の失速もバルササイクルの終焉と同じ
流れにあったのかと思います。スペインもバルサもシャビと
プジョルが常に試合に出れなくなったのも大きかった。
あとカシージャスの出来は何だか切なかったなぁ。

オランダはロッペン・ペルシの存在感が強烈な一方、他のタレント
不足を組織力の強さで十分戦えるチームにした。流石ファンハール。
そしてシステムとスタイルは変われど、変わらず美しい放物線を描く
ロングレンジのクロスやサイドチェンジを観ているだけで十分楽しい。

強いと言えばドイツ。もうチキタカはバイエルンとドイツの代名詞に
移りつつある。ビアホフやクローゼみたいな典型的なストライカー
に決めさせるサッカーから完全に脱却。いや、いざとなればそれも
出来る、というのも強みだ。正直4年前のスペイン同様、今が
ドイツサッカーの旬の時期と思えるので、ここで優勝して
起きたいところだが・・・ラウンド16の組み合わせがねぇ。

ドイツと同組ポルトガルはCR7の注目から上位予想もあったけれど、
永年の課題であるFWのタレント不足は変わらず、勝ち上がるのは
難しかったと思う。頼みのCR7が不調、ペペはまたやっちまったw
となればこの結果も必然。
4-0で負けたドイツとの初戦、後半センターサークル付近でCR7が
ボールロストし、カウンターに対し味方が一生懸命戻ってる中
その場で立ち尽くし目で追うだけのシーンが非常に印象深い。
チームとして今一つ纏まりの無さ、彼のナルシスト振り。。。

アルゼンチンはメッシ頼みのクソサry)になりつつあるけど、
彼がやっと代表で活躍できたというのはまあ嬉しい限り。
地の利を活かしたコロンビアやチリ、ウルグアイも含めた
南米勢の強さは今回際立っている。

昨日のウルグアイ×コロンビアを観て、改めてH.ロドリゲスの
凄さを実感。モナコが出すなら大会後ビッグクラブ行きは確実。
異次元の出来だったGKのオスピナも欲しいクラブは多い筈。

チリのサンチェスはバルサでも後半戦キレキレだったけど、
流石の存在感だった。昨日ブラジルに負けちゃったけど、チリも
非常に強いインパクトを残したチームでした。ウルグアイは
スアレスのせいで別の意味でのインパクトを残しちゃったけどw

さて最弱と言われたアジア勢。こうなっては仕方ない。
もう地道に地域として力を付けていくしかないでしょう。
それには、中国が金に物を言わせて選手を呼んでACLで勝ちまくる
のも、アジアの底上げの為に必要なことと思える様になってきました。
日本がタイに大量に選手を送り込んでるのも、ベトナムでミウミウが
代表監督やってるのもそういう意味でも大切なことと思います。

アメリカが日本以上に自国リーグの選手を中心に据えラウンド16
入りした事実を考えても、若い選手を早々に欧州に送るというより
Jリーグでしっかり結果を残すプレーをさせることが優先されると
思います。事実直接欧州に行った林・伊藤・宮市辺りが結果を
出せてないことがそれを証明しています。


さて大会も佳境に入ってまいりました。
ラウンド16で南米勢4チームが潰し合いになったのは残念、しかも
ラウンド8ではブラジル×コロンビアとか!!
ブラジルの山は次に有力なのはドイツかぁ、決勝で観たかった。。。
反対の山がアルゼンチンで、対抗馬はオランダとベルギー位か?
最悪決勝ブラジル×アルゼンチンになる可能性もww
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/796-c6f50dda
    この記事へのトラックバック


    最近の記事