真逆な内容と結果の2試合

2014年07月28日 22:33

2014 J2リーグ戦 第22節
札幌 1 - 1 大分 札幌ドーム/20,633人
得点 札幌;57' 宮澤、
    大分;90' ラドンチッチ

2014 J2リーグ戦 第23節
愛媛 2 - 3 札幌 ニンスタ/5,017人
得点 愛媛;2' 西田、50'原川
    札幌;20'河合、90'+1 都倉、90'+5 櫛引


7月は半期明けで忙しく、先週は仙台出張もありブログアップする
余裕が無く、大分戦と愛媛戦の2試合まとめて感想をば。

大分戦は勿論行きました。2万人ではまだまだ物足りないけれど
久しぶりに感じる不思議な雰囲気でしたね。何ていうか・・・普段の
マニアックでどんよりした感じじゃない、フレッシュな空気感がw

選手がアップに出てきただけで大いに沸いたり、ワンプレーごとに
盛り上がったり、コアばかりの1万人より、やっぱライトな方々も
いる2万人の方が良いに決まってる。
あとはここからどれだけコアに引っ張れるか。

試合の方は「財前札幌がやろうとしているサッカー」を今年初めて
具現化出来たのかな、という位素晴らしい内容でした。
それもこれも伸二効果と言って良いのでしょう。

一つは左サイドに入った伸二がポジションチェンジを誘発することで
前の4人の動きが活発化し、自然とパスコースが増えていたこと。

伸二のプレーで私が感じたのは、サッカーゲームで自分がピッチを
俯瞰で観てプレーする時、「次はここのスペース空いてる」とパスの
ボタンを押すが、その感覚より彼はワンテンポ早くパスを出す感じ。
だから非常に観ていて気持ちが良い。

ただそれって味方の動き出しが前提だったりするのだけれど、
今年よく観る光景である「こっちに出して欲しかった」的なズレが
この試合殆ど無かったのは、伸二が「出すべきところに出している」
からじゃないか?と思う。

故に物凄い連動性のある攻撃が出来ており、バイタルで細かい
パス交換を何度もしたり正直ゾクゾクしたよ。

もう一つの効果としてはやっぱりドーム全体の伸二への期待感に、
他の選手達もプレーで応えようとしていたことかな。
中でも荒野のテンションがメチャ高くて、伸二以上に技術の高い
プレーで会場を沸かせてくれてた。若い選手が会場の雰囲気に
呑まれずに乗っていくのは非常に良いこと、だと思う。

ただそんな試合をしても引き分けるんだから、サッカーは難しい。


そして愛媛戦。伸二はボールを持ったプレーでは殆ど目立たず、
チームのパスワークもグダグダ。

ただこんな試合でも勝ってしまうのだから、サッカーは面白い。

試合間隔の短さ、アウェイ、暑さ、ピッチコンディション・・・
色々な影響はあったものの、大分戦の様な出来の良い試合の後に
こういう不出来な試合をしてしまう辺りがまだまだ力不足という
ことか。でも力技で勝ってしまうっていうのは結構力が無いと
出来ないこと。いやいや一体どっちなのよ?ww
しかしなー、ロスタイムに3点入れられることがあっても
ウチが入れることはない、って誰もが思い込んでた筈なので
もしかすると後者の方なのかもしれないな。。。
いや、これのメンタリティの改善も伸二効果なのかも。

前線のメンバーを弄らずに臨んだのが悪かったのか、全員思いの他
動きが重く判断が悪く、試合通してパスワークにリズムが出なかった。
こういう出来の試合で今シーズンは都倉・チョへの放り込みに
切り替えるのだが、クロッサーの質が低くてあまり脅威では無かった。
しかし伸二がそこを改善してくれたし、最後の一仕事は流石のスナ。
1点目はフェイントで相手をかわした辺りで勝負あり。
2点目は伸二のショートコーナフェイントを巧く活かして勝負あり。

札幌は若い選手ガーッ、って中の人も外の人も代名詞の様に
言うけれど、まだまだ全然、ベテランの力には及びません。
だからこそ期待の若手達には、ベテランの壁を乗り越えて欲しい。
それこそ攻撃の選手なら、伸二を押しのけるつもりで。

いずれにしても色々と伸二サマサマ。
何より我々サポのモチベーションをあげまくってくれるのだからね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/798-d038104c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事