財前監督解任(・・・と書いてたらオフィシャルでて後任決まってた)

2014年08月28日 21:12

監督解任ですか。。。

13年が20勝4分18敗で8位、
今年が9勝8分11敗で13位。
普通に考えれば今年の目標と2年目の成績を考慮すれば
やむを得ない選択、と言わざるを得ません。

前回のエントリーで書いた通り、今の結果には全く満足は
していないけれど、目指してるサッカーの妥当性は確認出来たし、
今は生みの苦しみの期間なのかもしれないな、とは思いつつも、
「監督を育てながら」それをやるのは相当辛抱を強いられそうで
正直しんどいなぁ、と思い始めたところでした。

練見をしていないのでこれはあくまで想像ですが、練習でやってる
トレーニング自体は目指しているサッカーの構築の上で間違っては
いないのかな、と。
但し、短期的にある程度の結果を出す上で必要となる即効性のある
トレーニングやモチベート、また試合での戦術的引出しは無いのかな、
と思ってました。

試合中についても余り感情をあらわにする訳でもなく、かといって
駆け引きが上手そうな訳でもなく、結構負けても穏やかな感じで
如何にもマイペースな雰囲気でしたので、正直彼の監督としての
ポテンシャルを考慮しようとしても、その点が印象としては若干
マイナスに働いたのも(個人的にですが)ありましたし。

ただ、野々村社長がラジオで「監督も育てる」と言っていたのを
数週後に覆すとは想像してませんでした。
何がきっかけだったのかは我々が現時点で知る由は無いのですが、
栃木戦の動員にショックを受けたのかな?と勝手に想像してます。

野々村社長としては、伸二の加入を動員の起爆剤にと当然考えていて
どうやってそれを維持し伸ばしていくかに持っていきたかったのに
伸二加入後は1勝2分4敗で負けるにつれ動員は落ちる一方。
栃木戦はついに8000人台まで落ち、他の要因は色々あったにせよ
伸二加入後で同じ平日だった横浜FC戦の13000人台からすれば、
明らかに動員面で
「負けによる期待感の落ち込み」が「伸二効果」
を上回ってしまっているのが明らかになってしまい、
「こりゃ思ってたよりまずい状況だな」
と改めて認識したのではないでしょうか?

もっと前から考えていたのであれば、2週前のラジオであんなこと
言わないかな、と思うんですよね・・・
・・・って書いてたらオフィシャルに来てて、後任はバルバリッチとか!
ってことは、万が一の為に後任選定は一応結構前からしていて、
3連敗の時点もしくは月曜の試合後に正式オファー、だったのかな?
就任時期未定(9月上旬とあるけど、はっきりしない辺り)が
その辺を物語ってる様に思いますが、果たして。


バルバリッチって、どんな監督なのか正直良く分かりません。
ネットで退任時の愛媛サポの反応を探してみた限り、家庭の事情も
あり、惜しまれて辞めた感じなのかな?
退席処分が多かった印象がある程度だなー。

彼の能力がどうにしろ、残り試合数を考えるとちょっと今季については
遅きに失した感は否めないけれど、さてどうなるのか。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/803-5f8b3629
    この記事へのトラックバック


    最近の記事