スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト4!!

2014年09月05日 22:46

今日は代表戦がありましたが、敢えてサッカーじゃなく
今話題のテニスの話で。

先日wowowを観ていたら、テニスの全米オープンの告知も
兼ねてなのか、2001年の全米サンプラス×アガシを放送していた。
改めて観て凄い試合でした。サービスブレイクが一つも無く、
全セットタイブレークでの決着。結果サンプラスが制したの
だけれど、パーフェクトに近い出来のサンプラスに対して、
アガシがあと一歩まで詰め寄った、凄まじい試合でした。
懐かしいヒーロー二人の試合を観て、テニスをやっていた頃の
ことを色々思い出した。

大学時代は体育会系サークルでテニスをやってました。
94年の全米オープンでロングヘアーに派手なウェアの異様な選手が
強烈なストロークを武器にバシバシパッシングを決め優勝した姿を
観て、「こういうプレーがしてみたい」と憧れたのがアガシでした。
当時周りではあまり使ってる人がいなかったHEADのラケットに
変え、野球で鍛えた回転力でフォアストロークの練習ばかりやってた。
結局ダブルハンドのバックが上達せず、シングルではそこを狙われ
全然勝てなかったんだけれど。。。

その当時サンプラスがオールラウンドで絶対王者と言われていながら
ストロークならアガシ、ボレーならベッカー、ビッグサーブなら
イワニセビッチとか、個性的な名選手が数多くいた時代でした。
私は前述の通りアガシ派でしたが、多分日本でファンが一番多かった
のはマイケル・チャンでは無かったでしょうか?
175センチの小柄な体でベースラインを走り回り相手のウイナーを
拾いまくるスタイルでパワーに勝る相手を破っていく姿は、如何にも
日本人好みで主に使用していたPrinceのグラファイトシリーズは
当時の定番中の定番ラケットで使いやすく、かなりの人が持っていた
印象です。

ご存じの通り、錦織選手が全米でベスト4に勝ち上がりました。
現在のランキング11位も凄いのですが、ランキング4位のワウリンカに
またもフルセットを制す凄い試合をやってのけました。
久々に出社するギリギリまで生で試合を観ましたが、あれだけ相手の
強烈なサービスでゲームを失っても、自分のサービスゲームを粘り強く
キープしてチャンスを待ち続ける精神力の強さには恐れ入りました。

日本人が強い相手に対し粘る、といえばサッカー的には守備的なもの
を想像してしまうかもしれませんが、錦織のテニスは勿論違います。
私の時代の選手で言えば、アガシの様な強烈なストロークと、
マイケル・チャンの様な粘り強さでストローク戦に持込み、相手から
ペースを握り返してダウンザラインを決めるのです。
そして、今の錦織のコーチはそのマイケル・チャン。
錦織がゲームを取るたびに映し出される彼は、現役当時同様の激しい
ガッツポーズを繰り返していたのが何だか嬉しかった。

5セット目は録画で観ましたが、序盤相手のサービスゲームになすすべ
も無い様な動きを見せていたのに、5-4で迎えたゲームで急に強烈な
リターンとネットに出る動きを繰り出してワウリンカのミスを誘い
ブレイクを成し遂げ試合終了。
その辺のしたたかな頭脳戦が出来る辺りも、頼もしい限りだし、
やはりコーチ・マイケル・チャン効果によるものだと思う。
メンタルが明らかに強くなった様に思える。

サッカーでもここ数年、本田や香川の様にそういう選手が数多くでて
同じ感情を得て来ましたが、それにしても4大大会のベスト4なんて、
本当に感慨深い。修造がウインブルドンでベスト8に入った時、
それはそれは感動したものだった。
その修造ですら世界ランク最高は47位。錦織は既に11位だし、
コンスタントに成績も残してきた上に、今回全米のこの躍進は
もう一歩の大きなターニングポイントになると思う。

準決勝、次はランク1位のジョコビッチ!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/805-f262e6cb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。