勝っても負けても減らず口

2014年09月29日 22:13

2014 J2リーグ戦 第34節
松本 1 - 2 札幌 アルウィン/13,825人
得点 松本;53' 船山
    札幌;12’ 都倉、24’ 上里


ホームで勝った時のエントリで色々書きました通り、皆さん同様
私もソリマチンが嫌いです。
何しろ、その減らず口がムカツクのであります。
昨日も勝って気分良くJ'sGoalのインタビューを見てみると
何ていうかその
「ウチみたいな上位には相手も色々仕掛けてくるから大変ですよ」
的な感じをにじみ出してるのが凄くイヤだったww
その上「オクトーバー」とか「リトル反町」とか、なんなの??
まあ勝ったからその負け惜しみ的なものを見るのもまた気分が
良いのだけれど。

松本自体はキライではありません。相変わらず松本平は雰囲気
良いし、J屈指のサポーターだと思っているので、そんなアウェイの
中でよく勝ちきったと思う。ただただソリマチンが嫌いなだけ。

セットプレー2発で勝利、と言ってしまえばそれまでだが、特に
前半はパスを回すのとロングボールとを効果的に使い分けて
敵陣に深く入って行ったし、守備では3バックと5バックを状況に
応じてコントロールし、松本のロングボールとそのセカンドボール
への対応がしっかり出来ていた。
妙にスカパーの解説が「両者同じサッカースタイル」と評していた
のがイチイチ鼻についた私は、心が小さいのだろうか?

その松本は相手の広いスペースを突くカウンター以外はほぼ
前線への長いクロス、セットプレーで徹底的に小突いてくる。
自分達のストロングポイント押しでここまで勝ち点を積上げた
のは立派だし、スタイル自体を否定出来るものではないけど
このサッカーでJ1に上がって本当に大丈夫なのか?
と敵ながら心配になってしまった。
鳥栖も近いスタイルでJ1で上位に食い込んだけれど、彼らの
場合大エース豊田が踏ん張っているウチに戦術のバリエーションと
若手の成長やタレント確保を進めた結果だからなぁ。
今年の徳島の様に、典型的なJ2スタイルで上がると苦労するから。
まあそれでも一回上がってみないことには分からんし、余計な
お世話だけど。

ウチはウチで怪我人も多く気が付いたらウッチーがまた不在。
でも都倉が絶好調。しかも絶好調の時のウッチー位よく走る。
足早くなった?と思う程。上里は久々のFKゴールにアシストも。
3バックは2回目とは思えない程しっくりきている。
同じシステムのチームとの連戦だったけれど、バルバリッチ監督
は次の水戸・千葉戦ではシステムをどうするのか?
この辺も見どころだな。

名波新体制のジュビロは守備を立て直して完封で勝ったとかで
松本と磐田は勝ち点差5に縮まってしまった。
今日ウチに負けた松本サポの皆さんはがっくり来ているかも
しれませんが、ご心配なく。
最終戦はウチがJリーグラボダービーwを制して磐田に勝つので
多分自動昇格枠は大丈夫かと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/810-29fb2ea7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事