二人のムードメーカー

2015年01月28日 21:44

コンサの話題に行く前にまず、アジアカップは残念でした。
何か前回のブログのエントリをUPしたタイミング的に
「負けフラグになる気がするな」と思ったら、その通りに。
ただ、私的にはアギーレ監督の評価は現時点では変わらず
この路線を継続希望です。それについてはまた今度。
まあ、今の日本代表は凹む時期だと思います。
ここから3年後に向けて上積みしていければ良いのかと。

さてCPPは今年も行かず、Youtubeで様子は確認出来ました。
ここ数年行かないのは、何となく事前申し込みが面倒臭く
ドームの時の様にフラッと行って、観たい所を観る自由度が
無いってところでしょうか。もし行くなら子供連れてかなきゃ
で、たまたま観た動画も子供が横でぐずる様子が入ってて
あー、こーなるな、とも思うし。
でもまあ、チーム的にはコストも抑えられるこのスタイルが
ベターなのでしょうから、このままで良いと思いますよ。

昨日は夕方のTVでのコンサ特集をたまたま観れました。
ノノ社長からウチの立ち位置(予算規模)と新たな取組(エゾカ)
への期待、そしてイナ&伸二のインタビューで中々の見応え。
今朝も道新でスポーツ欄、平川さんのとは別でイナ&伸二の
記事がありました。
他客観的に見ても着実に注目度は上がってる、と感じます。

エゾカの取組は失礼ながらカードの道内の認知度を考慮すると
ビックデータに成り得るかが未知数ではありますが、狙い自体は
非常に面白いなと思いました。
そして改めて今年のJ2は過酷だな、と認識しました。
降格チームは勿論、J2残留したライバルの補強が凄まじい。
現実的にはプレーオフ進出が妥当な目標と思います。

ただ思い込みかもしれないんですが、チームを取り巻く雰囲気は
今年は凄く良い様な気が、良くなる様な気がするんですよね。


CPPでの河合・都倉・荒野・伸二・イナの5人のトークショーが
正にその象徴の様に思いました。
トーク自体も非常に面白かったのですが、その雰囲気の良さと
会場の期待度みたいなものが、スタジアムでも化学反応を起こす
様な気がするのです。

で、その雰囲気作りを話題の中心である伸二&イナでは無く
実は都倉&荒野が意識的に、積極的にやり始めている様子が
その予感の根拠になってます。
普段からTwitterでの二人のやり取りをTLで見ているから、
ってのもあるのかもしれませんが、サポとチームを積極的に
繋ごうとする役割の重要性は、前回昇格の時の岡やんで我々サポは
良く理解している通り。元々コンサは大人しい選手が多いから、
ああやってサポの前で煽ったり、SNSで頻繁にチームのムードを
発信したりしてくれると、我々サポは必然的に盛り上がるから。

都倉ブログでの残留理由に感動しました。故に意識高くやって
くれてる様に思います。荒野は奈良の移籍もあり、改めて自分の
立位置を自覚したのかな?都倉に弄られてナンボ、の気もしますが
キャラクター的にそれでも十分。

ノノ社長が今年良く使ってる
「みんなでジャイアントキリングを起こしましょう」
って言葉、凄く気に入ってます。
この二人&話題の二人がきっと雰囲気を作ってくれると思うので
我々もそれをサポートしつつ、上手くそこに乗っかって行ければ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/827-796e4883
    この記事へのトラックバック


    最近の記事