嗚呼、憧れの開幕ダッシュ・・・

2015年04月06日 22:01

明治安田生命J2リーグ 第6節
札幌1-1東京V 札幌ドーム/9485人
得点 札幌;70' ナザリト
    東京V;60' 南


今年2度目の子連れ参戦。
クラッシック&おつまみジンギスカンの組み合わせは最高でした。
失点後静かなSBに響いた長男の「コンサドーレ」コールも最高でしたw
それ以外試合の方はあんまり良いことなかったかな。

思ったことをそのまま書き出すと、前回同様ネガネガのエントリに
なってしまうので、今回は冷静に。

ここまで6試合、特にこのドーム2連戦を見て思ったことは
①3トップの連動性が無い
②パスミスの多さ=毎試合失点&イエロー・レッドカードの多さ
の2点。
ここが修正されない限り今年は厳しいかな、ということ。


①については去年は都倉を軸に、前俊や中原がお膳立てをする様な
連動が出来ていた。都倉とナザリトの連携で福岡戦・ベルディ戦と
それぞれ1点づつ取ってはいるものの、基本的にどっちがポストプレー
でどっちがウラ抜けとか、アタッキングサードに入る前の役割分担が
基本的に出来ていない。3人共意図的な動き出しが少なすぎる。

動きだしが無いので、結局イナやボランチが変化を付けるべく
サイドチェンジ的に長いボールを両WBへ。通ればチャンスにも
なったが、そこしか出すところが無くやってる感があった。
前3人が相手DFラインの前で並んでいるだけの時も結構多く、
尚のことWBに敢えて一旦付け、前の3人の動き出しを煽ろうと
後ろの選手は非常に苦労していた。

その中で下がってボールを貰いに来るのが相手を背負った時に
一番不利なウッチーなのも謎で、ここでのボールロストも多かった。
去年はそれは都倉がやってたし、せめて交互にやればと思うのだが
前で張る様な感じなのは監督の指示?

ナザリトが全く守備をしないことについては織り込み済として
点さえ取ってくれりゃ文句も無いが、今のところ自分の所に来た
ボールへの反応はピカ一でも、自発的な動き出しは期待出来ず。
ポストプレーは動き出しの無さに加えボールコントロールに
難があり、現状ここを求めるのも酷な感じで。
それでも決定力がもっと高ければ文句ないのですが。。。
6試合で3試合連続&5得点は数字だけ見れば立派なんだけれどね。


②についても①による影響が大きい。
パスコースが限定されているので、無理目なパスや前プレの厳しい
チームと当たると後ろの選手がプレッシャーを感じてしまってる。

それにサイドの比重が高い割にサイドの枚数が足りないことから
3バックの両サイドがワイドに開いて攻撃参加するケースが増えており
パスミスが致命的なカウンターのピンチになりえる。

この辺はベテランも若手も万遍なくミスしてるので、個人的な技術の
問題や特定の選手間のコミニケーションの問題では無く、戦術的な
影響から及ぼされているプレッシャーによるもの、と理解してます。
それにしても6試合でイエロー16枚、レッド2枚は多すぎる。
反則ポイントでの罰金も気になるところです。

ということで、暗に戦術批判をしてますよ、っと。
ウッチー、都倉、ナザリトの3人を並べたい気持ちもわかりますが
ここは誰かを下げて中原や前俊を先発で入れるべきかと。
荒野でも良いかもしれません。他の二人に気を使えて技術のある
選手を入れ、要はトップ下的な選手を使い3-5-2にするべき。

3トップのままなら古田を一角に入れてスペースへの動きを意識
させて前でドリブルを活かさせても良いかもしれません。
その場合都倉がもっと去年の様にボールを引き出す役割をしないと。
ていうか、それをウッチーがやれば良いだけなのに。
ってことで、どうも今のチームのやり方に疑問を持ってしまう。。。

動員数が目に見えて減ってますね。
ミッドウィーク京都戦の8千人台も少ないな、と思いましたが
金曜の鹿嶋vs鳥栖でも9千人程度で、そう考えると健闘したんだなぁ
と思う反面、週末でもこの程度。まだホーム4試合目ですよ?
ノノ社長の理想は勝っても負けても、なんでしょうが。
今は現場が踏ん張らないとどうにもならんよ。

てか、コンサドーレっていうチームを応援する限り開幕ダッシュは
望めないんでしょうかね?本当に長いキャンプだけが原因なの?
20年もやってきて、そこを改善する方法は見つけられないの?

・・・と結局はネガネガモードに。申し訳ありません。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/838-41435c2b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事