ドローも良し悪し。

2015年05月25日 20:46

明治安田生命J2リーグ第15節
徳島1-2札幌 鳴門大塚/4,594人
得点 徳島;72’佐藤
    札幌;21’荒野、65’都倉



石崎さんや財前さんの時は引分けでの勝ち点1が中々積めず、
せめて引分けに持ち込めれば、と思う事が多かった。
バルバリッチ監督になってからは引分けの数が多く、今度は
「勝ちきれないんだよなぁ」となる訳で、サポなんてものは
勝手なもんだ、と思う。

一方昨日の対戦相手である徳島は6試合連続引分け、と流石に
もういい加減にしろ、と徳島サポは思ってることだろう。
状況的に2013年のウチとかなりカブるので、ある意味シンパシーを
感じてしまう徳島。
昨年受けた傷のリハビリに苦しんではいるけれど、J2上位の実力は
持っている。どっちに転ぶか分からない。しかも四国だし。
そんな中2点目が取れたこと、終盤押し込まれつつ凌いで引分けに
持ち込まれなかったことは大いなる進歩、と思うのだ。


序盤10分位は徳島の早い前目のプレスからボールを保持出来ず、
あれ?徳島ってこんなサッカーやるんだったっけ?と戸惑いつつも
結構冷静に観れてて、徐々にペースを握り返してから生まれた
荒野の先制ゴールも「よっしゃーぁっっ!」っていうよりは
「よしっ!」って感じで。

何ていうか。画面上ではあるけれど、選手が落ち着いている様に
見えると、サポも同じ心持ちでTV画面を観れる様な気がします。
だから、実況が前半「ゲームは徳島が支配していると思うのですが」
と何度か言ってて、それに田渕が同意しているのを聞き、「そうかぁ?」
と思いつつも、勝ってるしいつもの様にイラっとは来なかった。

序盤10分以降は札幌がボールを支配していたし、リードしてからは
しっかりブロックを作りゲームがコントロール出来ていたと観るのが
正しい、と思うのだが。まあサポ目線だと客観視は難しいし。
前半終盤荒野とニウドが負傷退場したのは想定外ではあったが、
代わりに入った前貴と古田は十分計算出来ると思ってたしまだまだ
冷静に観れていた。

都倉の2点目は素晴らしかった。その前にも右サイドからのクロスを
数歩の助走だけでハードヒット、惜しくもGKにキャッチされた
ヘッダーがあったが、比較的高いクロスに対してDFと競りながら
強くあてられるFWってのは過去札幌にはいなかった様に思う。
それだけじゃなくて得点パターンも多いし、得点王も十分狙える。

直後に投入直後の佐藤に1点を返されてホームの雰囲気がガラっと
変わり完全に押し込まれ、流石に70分以降はヒヤヒヤしましたが
そこは完全に守護神の座を確率したソンユンがスーパーセーブ連発。
間違いなくこの試合のMVP。
前半怪我での交代を2枚使ってしまい、暑さで体力的にも厳しい中
全員体を張って徳島の猛攻を凌ぎアウェイ勝ち点3。素晴らしい。

さあ次はフォルラン(もう観られない?)祭りですよ、奥さん!!

さて。
マッチデーハイライトの試合のダイジェストで、ナレーションが
「前半は札幌ペースで試合が進みます」
ってはっきり言ってて。
ほらぁー、やっぱ前半札幌ペースだったんじゃん!!
田渕ぃーこのやろー!!徳島にひよってんじゃねーよ、と。

でもダイジェストを〆るナレーションでは
「徳島は連続ドローを6でストップさせました」
って言ってて。正直徳島サポに同情。。。

負ける位なら引分け続けた方がまだ良いでしょww
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/846-ee2593be
    この記事へのトラックバック


    最近の記事