チームがこの1年間で積み上げたもの

2015年11月15日 10:50

明治安田生命J2リーグ第41節
水戸2-1札幌 ケーズデンキスタジアム水戸/6,555人
得点 水戸;71'鈴木、90'三島
    札幌;24;都倉


今期の終戦、という意味でのショックは全く無かった。
既に千葉戦の前でその期待感は無くなっていたから。
でも昨日の試合はやっぱりショックだった。
有利に試合を進めていたのに、今期を象徴する様な既視感満載の
逆転負け、しかも水戸の猛攻にオロオロするばかりで一切やり返す
ことなくアディッショナルタイムに押し切られたのだから。

相手はホーム最終戦で大観衆の後押しがあり、残留争いで必死
だったから仕方ないのでは?とのご意見もあるだろう。
それじゃあ逆に幾ら大観衆を集めてもホームで勝ちきれないのは
どこのどのクラブだろう?
それに勝負事なら必死なのはお互いさま。しかもこの試合勝たない
ことにはプレーオフにほぼ行けなくなるのに、ウチは必死な状況では
無かったのだろうか?

今年1年でウチのチームが得たものってなんだろう?
J2降格から野々村社長の新体制で出直して3年がたった。
その間監督は3人、順位は8位・10位と来て、今年も中位確定で
次節の結果如何では10位以下の可能性もある。

選手個々の能力で言えば、勿論成長を見せた選手も多くいる。
前回エントリで書いた通り、宮沢は十分J1に移籍出来るボランチに
成長したし、今年で言えばゴメスや前弟、初出場を果たした永坂ら
楽しみな選手も多い。その他の選手も個人として積み上げたものは
当然あるだろう。でも、チームとしては?

財前監督のボールを大事にするポゼッション重視のスタイルから
バルバリッチ監督の守備をしてから縦に早いスタイル、そして今の
自由度の高いサッカー。まるで統一性は無かった。
交代する時は「前のスタイルをベースにして、上積みを」と言う様な
説明があった筈だが、どう考えても上積みされている様には思えない。

小野や稲本の様な「世界を知る」選手と一緒に練習すれば・・・
という話もあり、確かに個々の選手にとって大事なことの1つだろう。
でも、幾ら個々の選手の意識や技術レベルが上がったとしても
現代サッカーではそれでだけでチームとして勝つのは難しい。
そして、冷静に見て今ウチにいる選手の個々の能力がJ2の中で
抜きに出ている、とも思えない。

かと言って、ウチの選手のレベルはJ2の中で低いとは思えない。
野々村社長が言うところの
「チーム人件費の格上のチームをジャイキリしなければならない」
ってことで言えば、今年ウチのチームは何回ジャイキリして何回
ジャイキリされたの?っていうことで。
そのニュアンスで言えば、多分負け越してると思う。

そして、2年連続で目標としていたプレーオフ進出を逃している。
長崎は今6位、このままなら3年で2回プレーオフ進出を果たすことに。
あの毎年下位だった愛媛もその座を確定している。彼らが果たして
プレーオフで勝ち上がってJ1に行ってしまった時のことを考えると
他人事ながら不安にもなるが、プレーオフに参加することの意義は
非常に高いのだから、今年こそ絶対に行って欲しかった。

と色々考えると、チームとしての積み上げは殆ど何も無い、
と個人的には結論付けています。
であるとすれば、この3年間のスタイルの模索と監督選考、
選手の能力を重視した強化方針は失敗だった、と考えるべきでは?

今朝の新聞によれば早速、来期の大型スポンサー獲得見込みと
それによる補強費用1億増の話が出てきました。
昨年のイナにオファーの話同様、まだ未確定なのに話しちゃうのは
サポの不満を沈静化させる為のフォローアクションなんだろうけど
用意周到すぎて2年連続だと流石にあざといな、という印象ww
いやいや、コアなサポはノノに詰め寄ってこの3年間の責任とって
退任しろ!何て絶対言わないからww正式に決まってから発表して
くれれば良いんだけどね。。。

ただ、同じやり方で来年もやるんであればまた失敗するよ。
そうなってくると、折角ピッチ外で着実に積み上げてきた色んな事が
少しづつ崩れて行ってしまう気もしてます。

スポンサーサイト


コメント

  1. mfrb | URL | -

    Re:チームがこの1年間で積み上げたもの

    こんにちは。初めておじゃましますー。

    私も自分のブログで振り返りましたが、何かいろいろ思うことはあるんですが全然文章にできませんでした。ショックなのか切り替えてるのか投げ出してるのか、自分で自分の気持ちを計りかねているところです。

    ただ、たかおーさんのブログにはすべてにおいて同感です。うんうんそうだよねって頷きながら読みました。やっぱりまとまってるし読みやすいですねー。

    一番恐ろしいのは最後に書かれてるように「ピッチ外で着実に積み上げてきたものが崩れていくこと」ですよね。チームとしての上積みもなく、チームとしてやりたいサッカーもまとまらず、漫然とシーズンを終えていくようなクラブにスポンサーが付くのか。パートナーって言われてるサポだってどれだけ我慢できるか。

    大型スポンサーの話もうれしいし、そういうノノさんの手腕は疑うところがないし、ノノさんがいないとここまで来られなかったのも事実なんですが…何かこうモヤモヤとするものも正直あるんですよね。最終節の後のセレモニーでそれが少しでも払拭できるとよいのですが。

  2. たかおー | URL | -

    mfrbさん
    ようこそ!コメントありがとうございます。mfrbさんのブログも読ませて頂きましたが、ウチの場合「相手の順位があんまり関係ない」ってところに非常に共感しましたね。
    今日は勝てるだろう(ホントはそう思っちゃダメなんでしょうが)、の期待感からだと観てる方の失望の振り幅も大きくて。連勝が殆ど無い(これも、高揚感を得にくい)不安定な戦い方は正にそこなんでしょうね。
    結局戦術的な積み上げが無くて、いざという時に鹿島の様に帰る場所が今の札幌には無いってことだと思います。これはまだ時間掛かりますねぇ…サポやスポンサー、道内マスコミ含め、mfrbさんが仰る通り何時まで我慢出来るか?ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/867-dfc05534
この記事へのトラックバック


最近の記事