J1チャンピオンシップ準決勝・J2プレーオフ準決勝・J2J3入替戦

2015年11月30日 22:13

本題に入る前にまず初めに前回エントリについて。

基本的に自分のスタンスとして、試合のレビュー等については
翌日以降にブログに書き始めることを原則としている。
理由としては、一拍時間を取った方が自分の考えを冷静に纏める
ことが出来るから。本来ブログの持つ速報性から言えば、直ぐに
でもエントリに纏めた方が良いのだけれども、まあ本ブログは
そういう趣旨ではやっていないので、試合直後の興奮状態で
記事をUPしない様に、と思ってる(ただ面倒臭いだけともw)。

そういう意味では前回のエントリは最終戦当日夜に勢いで
書いてしまい少々冷静さを欠いていたかな、と反省。
四方田監督へのオファーについては、今週の報道を見る限り、
概ねコミニケーションが進んでいた中でのあの挨拶だった様で
「本人が一番驚いていると思います」の一言に大分釣られて
しまった。川渕さんの発言と同等、は流石に言い過ぎでした。

ただ、基本的に言いたかったことは変わりありません。
サプライズは決定事項だけでいいし、公の場で本人に告げてない
最終結論を伝えるのも今後はナシの方向でお願いしたい。

あと発表された退団選手の件については、別途落ち着いてから
エントリに纏めたいと思ってます。

さて、この週末はJファンにはたまらない試合ばかりの週末でした。

まずJ1CS。浦和1-3G大阪は大変見応えのある試合でした。
ガンバは降格前は所謂パス崩すことに拘り過ぎて自滅することも
多かったのが、長谷川監督になってから引いてブロック作ったり
フィジカルで応酬したりと臨機応変に出来る様になった。
それがACLでも勝ち上がった理由だと思う。
最後の丹羽のバックパスはご愛嬌?だが、そこからの米倉→藤春の
流れる様なカウンターは見事で、その勝負強さたる所以だった。

一方阿部は怒るのだろうが、やっぱり最後に必ず取りこぼす浦和。
何度でも言うが、ミシャの「ロマンサッカー」は浦和には似合わない。
結局この異端なスタイルと中途半端な補強を続けた末、浦和が獲得
したタイトルは今年の前期優勝のみ。前期あれだけ好調だったにも
関わらず、ACLでは惨敗したことが全てを物語っている。
憎まれモンは強くあってくれなきゃ困るんだよ。だから一刻も早く
スーパーな外国人獲って、日本人で守備固めるツマんないけど強い
スタイルに戻って欲しい。国内で唯一それが出来るチームなのに。

J2昇格プレーオフはC大阪0-0愛媛の方を見た。セレッソには早く
J1に上がって欲しいので結果的には万々歳。ただ愛媛の強さも
再確認。瀬沼のポストプレーからサイドを抉ってマイナスのクロス、
が非常に徹底されており、木山監督の手腕が窺えた。
一方のセレッソは土壇場で監督解任ブースト発動。とりあえず
雰囲気は変わったのだろうが、肝心のサッカーの中身ではどうか?
反対の山は順当に福岡勝利。まともに行くと福岡と思うが、さて。

J2-J3入替戦は町田2-1大分。ハンジェがキャプテン、守備の要に
高原がいて何だか嬉しくなる。そして重松が前線で躍動していたのも。
FC東京ユースから2010年トップデビュー。鼻息の荒いドリブラーで
スタジアムを沸かせたのだが、伸び悩みチームを転々としていた。
スタイルはそのまんま。まだ24歳、もう一伸び出来るか。

大分は怪我人に退場者2人と厳しい試合だったが、アウェーゴールが
希望の光と信じた方が良いか。
ただアウェーとは言え、上のカテゴリーのチームがシュート数でも
圧倒されボコボコに攻められるのは少し切ない感じもした。
町田のモチベーションが極めて高かったのと、大分はリーグ戦終盤、
特に最後2節をああいう負け方(いずれも後半残りわずかで逆転負け)
してからのこの試合とあって、相手が誰であろうと一旦定着した流れ
って変えにくいものなんだな、と改めて思ったり。

しかしこの状態の大分に取りこぼしたウチってどんだけー、と思うw
少なくとも現時点では山口と町田には勝てそうもねぇ。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/870-e0994c50
    この記事へのトラックバック


    最近の記事