POWERSTOCK!今年もありがとう!!

2015年12月07日 21:25

パワーストック1_convert_20151207210841


今年も札幌に札幌に住んでて良かった、と思える日がやってきた。
昨日のPOWERSTOCK2015、ZEPP札幌に参加して来ました。

東京にいればイベントも多いし好きな時に好きなバンドが観れる。
でも地方発信のイベントは、続ける為に主催者の物凄い努力が先ず
前提として必要で、それに賛同する人、参加するバンドと観客、
様々な人達の思いによってコツコツ積み上げてくしかない。
ただそうやって続けた結果、今では東京では味えない、その土着的な
独自性に磨きがかかって凄みを増したこのイベントがある。
後から参加するものとしてそれには感謝せずにはいられない。

そしてその長い歴史の中起きた事件をきっかけとして、叶わない筈の
願いを言い続けた人のお陰で、復活後初のライブハウス出演に札幌を
選んでくれた。これを奇跡と呼ばずなんと言う?

ただ前日夜にアクシデント。次女が深夜嘔吐し、朝から休日診療へ。
幸い2-3時間待ちが普通の冬の当番病院が比較的空いており、且つ
診断もただの風邪との事で、ヨメが仕事から戻り引継をして何とか出発。
出来た。ただその為に2番目に観たかったdustboxには間に合わず。。。

着くと予定より早くSANDがスタートしてた。PVでは超ワルそうな
兄ちゃん達で、どんだけフロアがハジけるのか?と想像してた。
残念ながら初参戦でもあり、最前列以外大人しめで盛り上げるのに
若干苦労していたが、Voのマコトは果敢にダイブを繰り返していた。
メタリカっぽいリフと絶妙なブレイク、攻撃的で畳み掛ける独特な
リズムのヴォーカルが個人的にかなり好み。ただ音響のせいかVoの
リリックが良く聞き取れないせいで単調に聞こえたのが残念だった。
TooLateとか、PVではめちゃくちゃカッコいいのに。
最後のCountryRoadは流石に上がった。

次のHawaian6は冒頭2曲位聞き、満員のフロアを余所にRaccoの
列に並んで腹ごしらえ。うーん、やっぱり俺には響かないww

次の怒髪天も何気にかなり楽しみだった。これまで殆ど聞いたこと
が無くベスト盤で事前予習。抱いてたイメージとのGAPに驚いた。
ロック界に存在するあらゆるカッコ良いギターリフが、多種多様な
楽曲に詰め込まれており、ギター好きからすれば彼らのベスト盤は
さながら参考書の様で。勿論ライブは流石の貫禄。このラインナップで
一番異質感があったが、地元の強み?いやそれ以上のパフォと存在感で
かなりの盛り上がりに。増子さんの歌も演奏もパワフル極まりなかった。
右前方に陣取り華麗に弾きまくる上原子さんのギターを堪能しました。

そしてSLANG。いつもそうだが、殆どの観客は激しくモッシュを
したりしない。でも、みな尊敬の目で激しい演奏を静かに見守ってる。
自分の前にSLANG Tを着たコアそうな兄ちゃんが居たけれど、
そんな感じだった。彼らを観たのは3回目だが音が一番良かった気が。

いよいよ。ついに。この年にして、人生初のハイスタのライブ。

MakingTheRoadが出る直前、ハイスタっていう凄いバンドがいる、
と聞いてAngryFistを買った頃、社会人になりたてで余裕なんて無く。
それから程無くしてハイスタは活動を休止してしまった。
AIRJAMで復活を遂げ歓喜したけれど、今度は家庭を持っているが故
音楽の為に本州に行ける程時間的余裕は無く。
このままのペースでハイスタが活動するなら、多分一生彼らのライブを
観る機会なんて無い、と思ってた。去年TOSHI-LOWが言った願いも
期待はしつつ、そうは言ってもね、と内心思ってた。

馴染みのSEから登場、MaikingTheRoadの冒頭3曲はもう凄すぎた。
流石に前列はキツイかとフロア中盤に陣取ったがあっという間に
史上最大級の台風の様なモッシュとクラウドサーフに飲み込まれた。
始まる前は呑気にまずサウンドチェックで3本用意されてたギター
(ハニー・ケニーファルコンと多分フレディ)のどれを健さんが
持って出てくるか?なんて勝手に予想してたりして遊んでたのだが、
やっと確認出来たのは7-8曲目位だったと思うw(最初はハニー?)
2000人近く居るフロアほぼ全てのエリアで激しいモッシュ状態なんて
初めて体験した。そして恐らく最後方からでも最前列まで泳げた筈。

最初のMCでもんげーもんげー言いながらピックを投げまくる二人w
そして健さんが変わらず軽いノリで自らあの事を話し出す。
「俺ら~最後にライブハウスでやったのはパワストだったずらー」
「俺らちょっとケンカして、でも仲直りして一緒にいるだけずらー」。
そして「そうだね、実は何も無かったのかもしれないね」
との難ちゃんの相槌から、Nothing。軽妙なのに感動的なやり取りで。
この演奏後、近くで暴れてたパンサー尾形似の男が半べそかきながら
「スゲー、Nothing演ったよ!」と握手を求めてきて、少しびっくり。
でも皆んな色んな思いがあるんだよなぁ。私的にはチュー、Maximam
の後に来たStarryNightでかなりグッと来て。11年AIRJAMのDVD、
今観てもここの場面で半泣きになるが、昨日はほぼ泣いてましたw

その後健さんVoでのLovinYou&SecretMindでもグッと来たし、
難ちゃんの「ヨウさんに届けよう!」からDearMyFriend、そして
誰もがいつだって待ちに待ってるStayGoldで更にフロアをブースト!

そしてラスト2曲に「パワーストックだからこその曲を演りたい」と、
健さんのメッセージと共にWarIsOver!!ライブでもレアな楽曲だけど、
「今」にJust過ぎるメッセージとメロディにまた半べそ状態で大合唱。
最後の最後はまた何とブッチャーズのカラスで占めるという!!
パワストだからこそ、のハイスタ15年ぶりのライブハウス公演は、
パワストだからこそ、のカバー2曲で感動的に幕を閉じた。

去年同様、トリのBRAHMAN前で燃え尽きてしまいww
でも彼らのお陰でハイスタが観れたんだから応えてやらなきゃ、
っていう思いで・・・も、西片さんの卓の前に陣取るのがやっとw

ForOne’sLifeからTheVoid、TheOnlyWay、賽の河原、SeeOff、
BeyondTheMountainと比較的オーソドックスなセットリストで着実に
盛り上げていくものの、若干ハイスタで燃えカスになった人達が
多いのか、いつも程では無い感じもw。その後其限を挟んだあと、
満月の夕と来て、これには流石に上がる!!カバーだけれども、
歌い手としてのToshi-Lowの魅力を一段上に引き出す楽曲だと思う。

そしてAnswerFor、覚醒でその鬼が降臨、MCの流れは去年同様w
願いは叶うんだ、でもトリがイヤだって願いは又今年も叶わなかった
っていうオチでww。ほんとそうだと思うよ、ゴメンww
でも死んじまったら思いは届かないって、これはもしや?と思ったら
去年も演った散文とブルースだった。
ハイスタ同様、ブッチャーズのカバーで今年のパワストを締めた。

兎に角楽しませて貰った。一生の思い出となる一日でした。
夢が叶った。ありがとう・・・

・・・でも、結局はこれも日々の積み重ねの一つでしかなくて、
これが歴史になりまた次の歴史に繋がっていくのが人生なのかもね。
その過程で楽しんだり苦しんだり、願ったり拒絶したりを繰り返す。
そんなことを教えて貰った気がします。


ちょっと大げさかなw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/871-0dcfa184
    この記事へのトラックバック


    最近の記事